アイヌ語アーカイブス 祖父母の物語を子どもたちへ しらおいポロトコタン アイヌ民族博物館
トップにもどる
デジタル絵本 アイヌについて アイヌの物語 アーカイブス 語りべ スタッフ
アーカイブス
97.カワウソと倉の魚

あらすじ:志賀雪湖

 おれはカワウソ。人間が蓄えている魚をねらって倉にしのびこみ、魚をぬすんでまわっている。人間がこう話すのを聞いた。「上の魚に毒を入れろ。下の魚に毒を入れるな」そこで俺は倉に入って、上の魚をぽいぽい投げてしたの魚を食った。そうしていて、また人間がこう話すのを聞いた。「上の魚に毒を入れろ。下の魚に毒を入れるな」そこでおれは倉へ行って、上の魚をぽいぽい投げて下の魚を取り出して食ったところ、きっと下の方に毒が入れてあったのだろう。おれは死んでしまった。だから今いるカワウソよ盗むんじゃないぞ。とぬすっとカワウソが語った。



このホームページは、子どもゆめ基金(独立行政法人青少年教育振興機構)の助成金の交付を受けて作成したものです。このページにあるすべての文や絵、写真、音声には著作権があります。断りなく使うことはできません。Copyright(C) The Ainu Museum, All rights reserved.