アイヌ語アーカイブス 祖父母の物語を子どもたちへ しらおいポロトコタン アイヌ民族博物館
トップにもどる
デジタル絵本 アイヌについて アイヌの物語 アーカイブス 語りべ スタッフ
アーカイブス
79.シヌタプカ村の勇者とトプシペッ村の悪党

あらすじ:奥田統己

 私はシンヌタプカの神の勇者として一人で暮らしていた。宝壇には神の鎧があってまるで生きている人のように太刀を身につけていた。噂を聞くと、トプシペッという村があり、そこの神の勇者は悪い心を持っているのか、滑る宝見る宝を持っていて、それで山を通る人でも舟で通る人でも見つけては手下に命じて殺して持ち物を奪っているという。私はかわいそうにと思って暮らしていた。またトプシペッの男には女きょうだいがいて、その姉のほうがやはり悪い心を持っていて、トプシペッの村に行く途中の湖にかかっている細い木の橋を通るものがいると、巫術の息を吹きかけて落としてしまうという噂も聞いていた。

 ある日私は「今日は天気がいいのでようすを見に行こう、人々を殺しているというのはどんなやつだろう」と思い、神の鎧と神の太刀を身につけて、神に祈ってから家の外に出た。何とまあ美しい村なのか、川上は遠くて高くそびえ、河口のほうは近くて盛り上がって見える。

 そこで私は憑き神様にトプシペッの村に連れて行ってくれと頼み、風の上に乗せられて神の山のほうへ飛んで行った。そこには大きな湖があって1本の細い木の橋がかかっている。そこへ私が行くと、どうやら山の頂上に例の悪い女がいて、山の上から出てきては息の風を吹きかけてくるようである。私は神様に頼んで、橋の中ほどまで行ったところで偽の私の姿を出して、風に吹き飛ばされて湖に落ちたように見せかけた。すると女は帰ってしまったようだった。そこで私は無事に湖を渡り、神様に感謝した。

 そして山を削った道を登って登って行くと、山の頂上に大きな家があった。どこから入っていいのかわからないようになっているので、屋根の煙出しの穴から中をのぞいてみると、大きな宝壇の上に例の滑る宝見る宝が置いてあり、神の勇者が座って見つめている。

 左座には女の寝床がしつらえてあったので、私がそこに静かに入っていくと、何と中には差し上る太陽のように正視することができないほど美しい娘がいた。寝ているようなのでその裾を静かに持ち上げると、初めて起きたみたいに私を見てから私を静かに引っ張った。その娘は「シンヌタプカの神の勇者よ、私の兄は恐ろしいものなのに、どうしてあなたはやって来たのか」という。「トプシペッの勇者は評判が高いので見てみたくて来たのだ」と答え、それから私は彼女の懐の中で大人の営みを遂げた。

 するとトプシペッの勇者は私がいるのを滑る宝見る宝で見つけたらしく、大声を上げて立ち上がった。私が彼女を小脇に抱えて逃げ出すと太刀をふるって追いかけてくる。家の外に出るとおおぜいの敵を悪い姉が指揮して「どうやってここにやって来たのか、たった一人二人なのだ、殺してしまえ、悪い妹はどうしてシンヌタプカのやつの加勢をするのか」」と言っている。

 そこで私が若い娘を放して戦っていると彼女も私のそばに来て「シンヌタプカの神の勇者よ、がんばってください」と言いながらいっしょに戦ってくれた。

 毎日毎日そうやって戦っているうちに私はどうなったのかわからなくなった。ふと気づくと私はすっかり裸になって川に流され、川岸に打ち上げられていたのだった。周りを見ると例の神の娘も、はずかしいだろうにすっかり裸になって川岸に打ち上げられていた。娘も目を覚ますと「どうして私は女なのにこんな恰好をしているのだろう」と涙を流し、「水の女神様、かわいそうだとお思いなら何か着るものをください。」と言った。するとどこからか着物が打ち上げられたので、彼女はそれを身につけた。

 それから彼女は私のそばに来て「私が何をしてもどうか怒らないでください」と言いながら、女のお守りの紐を外して二つにも三つにも切り刻んで巫術の息を吹きかけた。するとりっぱな鎧が現れた。彼女はまた水の神様に私の着るものも出してもらい、私は感謝しながら着物と鎧とを身に着けた。

 そして「私は何も悪い心がけを持っていないのです、神々よお守りください」と言いながら、娘といっしょにまたトプシペッに行って戦いを続けた。新しい鎧はお守りの紐でできているので刀も当たらず、とうとう私は見る宝を手に入れて娘といっしょに自分の村に帰って来た。



このホームページは、子どもゆめ基金(独立行政法人青少年教育振興機構)の助成金の交付を受けて作成したものです。このページにあるすべての文や絵、写真、音声には著作権があります。断りなく使うことはできません。Copyright(C) The Ainu Museum, All rights reserved.