アイヌ語アーカイブス 祖父母の物語を子どもたちへ しらおいポロトコタン アイヌ民族博物館
トップにもどる
デジタル絵本 アイヌについて アイヌの物語 アーカイブス 語りべ スタッフ
アーカイブス
109. 雷の神が人間の村へ行く話

話 者:川上まつ子
資料番号:34716
収録日:1986年9月27日
「私」:雷の神
サケヘ:アンナホーレ ホレホーレ
翻 訳:安田千夏
サンプル音声

<あらすじ>

 人間の村を見てみたいので、私のゆりかごを揺らしながら飛んでいくと、大きな村がありました。村の上端から下端まで見渡して、男たちが釣りをしている様子などを見ていました。

 するとひとりの娘が出て来て、ガマを水につけてそれを空に振りまきながらこういいました。「神様は働きもせずに何をしているんだ」それに私は腹を立てました。

 そしてひとりの男が刃物を研いだ水を空に振りまいてこういいました。「神は刃物研ぎもせずに、働かずにいる。私は神が通るたびにかしこまっているのだ」

 私はすっかり腹を立てて、ゆりかごの端を叩き、ゆりかごの紐を締めると、あくの虹、燠の虹が現れて村の上端から下端まで燃やし尽くしてしまいました。村長は...(話者が咳き込み、途中で終わり)



このホームページは、子どもゆめ基金(独立行政法人青少年教育振興機構)の助成金の交付を受けて作成したものです。このページにあるすべての文や絵、写真、音声には著作権があります。断りなく使うことはできません。Copyright(C) The Ainu Museum, All rights reserved.