アイヌ語アーカイブス 祖父母の物語を子どもたちへ しらおいポロトコタン アイヌ民族博物館
トップにもどる
デジタル絵本 アイヌについて アイヌの物語 アーカイブス 語りべ スタッフ
アーカイブス
104. 金色のえぞ松

話 者:川上まつ子
資料番号:34705
収録日:1987年11月11日
「私」:重い神
登場人物:重い神(何のカムイかは、話者にもわからない)、オタサの人(兄)、オタサの人の妹、多くのカムイたち
翻 訳:遠藤志保
サンプル音声

<あらすじ>

 オタサ村の者が「このエゾマツを切った者にわたしの妹を与えよう」と言いました。たくさんのカムイが挑戦しましたが、切り口から金の水が出て、カムイは死んでしまいました。

 そこで、わたしは貧乏人の格好をして出かけました。すると、オタサの兄は「カムイたちでも駄目だったのに」と馬鹿にします。妹も大笑いしています。

 わたしが死体の山を踏みつけますと、カムイたちは生き返りました。その後、ナタで叩き切ると、エゾマツは倒れました。

 すると、大笑いしていた女は「兄さんのせいで、わたしはあんな奴のところへ行くことになった」とひどく泣いています。

 わたしの方は、自分の後ろに霧をかけ、自分の家に戻りました。やがて、あの女がわたしを探していたので、霧を晴らしてやりますと、女は、わたしの居場所がわかったので、荷を背負い、泣きながらやって来ました。

 女は、ふんぞりかえって家に入ってきましたが、わたしの姿を見ると、急に外に出て泣きます。そして、「最初から立派な姿で来てくれたら、悪口も言わなかったのに」と後悔しているのが聞こえました。

 やがて、女は這いつくばりながら、家に入ってきましたが、酷い格好をしたわたしも悪かったので、文句も言わず、一緒に住んでいます。

 と、重いカムイが語りました。



このホームページは、子どもゆめ基金(独立行政法人青少年教育振興機構)の助成金の交付を受けて作成したものです。このページにあるすべての文や絵、写真、音声には著作権があります。断りなく使うことはできません。Copyright(C) The Ainu Museum, All rights reserved.