アイヌ語アーカイブス 祖父母の物語を子どもたちへ しらおいポロトコタン アイヌ民族博物館
トップにもどる
デジタル絵本 アイヌについて アイヌの物語 アーカイブス 語りべ スタッフ
アーカイブス
100. 沼貝を助けたオキクルミ

話 者:川上まつ子
資料番号:34696
収録日:1987年10月29日
「私」:沼貝
翻 訳:田村雅史
サンプル音声

<あらすじ>

 川べりで日差しに苦しんでいると、人間(サマユンク)が来て、「災いめ、なんでいるんだ」と言いながら私を踏みつけた。後に来た人間(オキクミ)は「湖の神様が育てたものが、洪水で打ち上げられて、こうして苦しんでいるというのに、これは助けもしないで、兄が踏みつけて行った後ではないか」と言って、怒りながら私を抱えて、その人間(オキクミ)の水汲み場であるきれいな湖に私を放した。それから「ここで暮らして、たくさん兄弟をつくったらいい」といってくれた。それで私は安心したのだった。それからサマユンクは憎らしく悪い心を持っているから、その川には魚が一匹もいないようにしようと思った。オキクミは心根もいいから川にはたくさんの魚がいるようにしようと思った。そうして、サマユンクが食べ物にも困っている一方で、オキクミは何でも恵まれているのを見ながら、私は物語りました。



このホームページは、子どもゆめ基金(独立行政法人青少年教育振興機構)の助成金の交付を受けて作成したものです。このページにあるすべての文や絵、写真、音声には著作権があります。断りなく使うことはできません。Copyright(C) The Ainu Museum, All rights reserved.