アイヌ語アーカイブス 祖父母の物語を子どもたちへ しらおいポロトコタン アイヌ民族博物館
トップにもどる
デジタル絵本 アイヌについて アイヌの物語 アーカイブス 語りべ スタッフ
アーカイブス
85. ペペ鳥が語った話

話 者:川上まつ子
資料番号:34650
収録日:1986年8月5日
「私」:ペペチカ
翻 訳:伊藤裕満
サンプル音声

<あらすじ>

※『アイヌ民族博物館研究報告4』所収

 私はペペチカという鳥。洪水でアイヌの村が流されるのを心配し、アイヌに教えようと川を鳴きながら遡っていったが、サマユンクは私を悪い鳥ときめつけ逃げようとはしなかった。一方、オキクルミは礼拝しつつ、良い鳥が人間に洪水が来ることを教えているのだから、人々に逃げろと言っていた。サマユンクの村は村ごと人間も流されてしまった。それを見たペペチカが流された村を見てすっかり驚いてしまった、という自叙物語。



このホームページは、子どもゆめ基金(独立行政法人青少年教育振興機構)の助成金の交付を受けて作成したものです。このページにあるすべての文や絵、写真、音声には著作権があります。断りなく使うことはできません。Copyright(C) The Ainu Museum, All rights reserved.