アイヌ語アーカイブス 祖父母の物語を子どもたちへ しらおいポロトコタン アイヌ民族博物館
トップにもどる
デジタル絵本 アイヌについて アイヌの物語 アーカイブス 語りべ スタッフ
アーカイブス
67. ポイヤウンペとスマメノコ

話 者:織田ステノ
資料番号:34190
収録日:1977年5月3日
「私」:イシカリの村長の末娘
翻 訳:奥田統己
サンプル音声

<あらすじ>

 (54話と同じ話)

 自叙者は石でできた家のなかで姉に育てられている。あるときから姉が出て行っては家の外、海の上で神の戦いが続くようになった。自分は殺される神々に哀れみの心を持ったけれども石の家なので出口がわからない。やがて姉が帰ってきて「敵をやっつけて安心した、これから私たちは夫婦になろう、私は石の女だ、お前はpoyyaunpeの息子であって、赤ん坊のときに私が悪い心を植え付けて母親の胸乳をえぐって殺させ、お前の父も今私が殺してきたのだ」という。そこで私はまずカムイノミをしてくれと頼み、姉が酔ったところを殺した。そして憑き神に頼んで自分の村に帰り、兄と姉に許してもらって暮らすようになった。とtumpuorunkurが物語った。



このホームページは、子どもゆめ基金(独立行政法人青少年教育振興機構)の助成金の交付を受けて作成したものです。このページにあるすべての文や絵、写真、音声には著作権があります。断りなく使うことはできません。Copyright(C) The Ainu Museum, All rights reserved.