アイヌ語アーカイブス 祖父母の物語を子どもたちへ しらおいポロトコタン アイヌ民族博物館
トップにもどる
デジタル絵本 アイヌについて アイヌの物語 アーカイブス 語りべ スタッフ
アーカイブス
13. 女の腹にサケが飛び込んだ話

話 者:織田ステノ
資料番号:34120
収録日:1980年2月23日
「私」:ユウベツの川下の村に住む男
翻 訳:安田千夏
サンプル音声

<あらすじ>

 ユウベツ川の中流の村で、父と母、兄と姉、そして年寄りたちと暮らす末っ子の女の子が私でした。水汲みが私の仕事で、それ以外ににも母や姉の仕事を手伝って、何不自由なく暮らしていました。ある年の秋、サケが川に上って来る時期に川で水を汲んでいました。サケが川に上る様子を見ながら水を汲んで家に帰って来ると、急にお腹が痛くなって私は暴れ出しました。まるで魚が陸に上がり、体をバタバタさせる様子とそっくりです。村の男の人たち、年寄りたちが集まって来て神に祈り、お祓いをしても効き目がなく、お腹は痛いままでした。

 (話者が代わって)ユウベツ川の下流の村の村長の息子が私で、父や母はもう年を取ったので私はひとりで働いて暮らしていました。ある時父が「ユウベツ川の中流の村で、村長の娘が死にそうになっているという。息子よ、明日その村を訪ねていきなさい」と父がいうので驚きました。その夜眠ると、黒い着物を来た男性が私の前に現れてこういいました。「これ若者よ、明日中流の村を訪ねていったら、祭壇を立てて祈りなさい」といって詳しく祈り、お祓いの方法を教えてくれました。「その娘は尻を丸出しにして水を汲んでいたので、そこからサケがお腹に飛び込んだので転げ回って苦しんでいるのだよ」とも教えてくれました。

 翌日中流の村に行き、夢で教えてもらった通りに手草でお祓いをすると、娘のお腹からサケが体をバタバタさせながら飛び出して来たので、皆すっかり驚いてしまいました。そのサケはいたずらをする悪いサケなので、体をぶつ切りにして祭壇に置きました。それからまた娘を祭壇にくぐらせてお祓いをし、薬を飲ませて看病すると気がつきました。

 翌朝になって娘がさんざんに皆から叱られる様子を見てから帰ることにすると、村長は私に「どうかこの娘を下働きにでも使ってください」というので「それでは後で来させてください」といい、内心はとても腹が立ちました。家に帰って父や母にことの次第を説明すると驚きあきれていました。

 翌日炊事をしてから山猟に行き、獲物を背負って帰って来ると、あの娘がやって来る様子が見えました。父や母にいうと「神のはからいで一緒になるのだ。これからは奥さんと呼びなさい」といわれ、腹が立ったけれど夫婦になりました。子どもがたくさん出来たので、子どもたちに「水を汲むときは決して尻を出すのではない」と言い聞かせ、年老いたので昔のことを物語りました。



このホームページは、子どもゆめ基金(独立行政法人青少年教育振興機構)の助成金の交付を受けて作成したものです。このページにあるすべての文や絵、写真、音声には著作権があります。断りなく使うことはできません。Copyright(C) The Ainu Museum, All rights reserved.