アイヌ語アーカイブス 祖父母の物語を子どもたちへ しらおいポロトコタン アイヌ民族博物館
トップにもどる
デジタル絵本 アイヌについて アイヌの物語 アーカイブス 語りべ スタッフ
アーカイブス
11. 雪の神に罰せられた女の話

話 者:織田ステノ
資料番号:34120
収録日:1980年2月23日
「私」:アイヌの男性縲恪ネ
翻 訳:安田千夏
サンプル音声

<あらすじ>

 私は立派な男で、立派な女性と結婚して暮らしていました。狩りにいってもクマやシカをたくさん獲って帰って来るのでした。

 (話者が替わって)私は立派な旦那さんの妻で、子どもが欲しいということ以外は何不自由ない暮らしをしていました。どういうわけか毎年冬になって雪が降ると、その雪を丸めて便所に置いておいて、用を足すとそれでお尻を拭くというのが常でした。ある時旦那さんが山猟にいった後で家の仕事をしていると、突然大きな音がして、大きな雪のかたまりが、窓や戸口から家の中に飛び込んで来ました。どんなに逃げてもいくつも飛び込んで来て私に当るので、とうとうひどい死に方をしてしまいました。死んでからわかったのですが、雪は尊い神であるのに、それでお尻を拭くという失礼なことをしたために雪の神様が怒り、私は罰せられたのでした。村人たちに夢を見せて「決して雪でお尻を拭かないようにしなさい」と言い残して死んでいきますと、ひとりの女性が物語りました。



このホームページは、子どもゆめ基金(独立行政法人青少年教育振興機構)の助成金の交付を受けて作成したものです。このページにあるすべての文や絵、写真、音声には著作権があります。断りなく使うことはできません。Copyright(C) The Ainu Museum, All rights reserved.