ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

アイヌ語辞典

日本語名:うさぎ Aエゾノウサギ(エゾユキウサギ) Bカラフトノウサギ

アイヌ語名:イセポ

利用:食用

動物編 §284 うさぎ  A エゾノウサギ B カラフトノウサギ

 A エゾノウサギ

(1)isepo イセポ [i-se-po i(ウサギの悲鳴):i-se([ウサギが]キイと鳴く)-p(もの)-po(指小辞);‘キイキイ鳴く小さなもの’] ⦅胆振、日高(沙流地方)、十勝石狩天塩
 注1.――釧路地方の日常語では「イソポ」を使う。しかしもとは「イセポ」であったらしく、同地方の地名に‘イセポ・ウン・ナイ’(Isepo-un-nay ウサギ・いる・沢)がある(Cf.Nagata.p.343)
 注2.――樺太の富内でも古語として老人はこの語を記憶している。
 注3.――「イセポ」は実はもと神名であり、それに対してウサギの普通の呼び名としては「イワンパロ」(<iwan-par-o 六つの・口がついている)という語があったという⦅日高[沙流地方]⦆

(2)isopo イソポ [<isepo] ⦅釧路北見
 注.――これらの地方では普通「カムイ」をつけて「イソポカムイ」(ウサギ・神)と言っている。

(3)kaykuma カイクマ [‘折って火にくべる木’;kay 折れる kuma 棒] ⦅日高〔静内〕、浦河様似幌満
 注.――この語はもと沖狩の忌詞(いみことば)だったらしい。海上に白波が立つのを各地で「イセポ テレケ」〔ウサギがとぶ〕と言う。そこで沖で「イセポ」という名を呼ぶとウサギが出て来て海が荒れると考え、努めて他の語に言いかえることが各地で行われていたのである。「カイクマ」に言い換えたのは波のことを「カイカイ」と言うのでその縁からであろう。

(4)tukisarus トゥキサルシ [<tu-kisar-us(二つの・耳が・ついている)] ⦅白老⦆ 沖狩の際のいみことば

(5)epetke エペッケ [‘みつくち’;<e(顔)petke(裂けている)] ⦅胆振
 注.――この語も特殊語で、畑に出て「イセポ」という語を使えばウサギが出て来て作物を荒らすので、そこではウサギを呼ぶのに必ず「エペッケ」〔みつくち〕と呼ぶのだという⦅幌別⦆。

(6)iwamparo イワンパロ →(1),注3
 B カラフトノウサギ

(7)osukep オスケプ [Cf.ギリヤーク osk] ⦅多来加

(8)osukeh オスケヘ [<osukep] ⦅白浦相浜富内多蘭泊

(9)isepo イセポ →(1),注2

(10)rikunkamuy リクンカムイ [<rik(上)un(にいる)kamuy(神)] ⦅白浦⦆ ウサギが神になれば言う
 注.――ふつうはジャコウジカを言う。→§291(3)。

本文ここまで

ここからフッターメニュー