ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

アイヌの伝承

日本語名:アワ、粟

アイヌ語名:ムンチロ

利用:食用、祈り

アイヌの伝承から探す

伝承者 伝承地

4件中 1件目から4件目まで表示

ID 伝承者 日本語名 伝承者の
アイヌ語名
/日本語名
伝承
1229 織田ステノさん

織田ステノさん

新ひだか町静内

P0402
アワ、粟
【ア】ムンチロ
【日】アワ
・ケヤマハンノキの雄花はアワの穂に似ていて、それが春先にたくさん咲くと「今年はアワの実りがいい」と言って多めにアワの作付けをしました。34121
・アワやイナキビを穂摘み具で収穫しました。34442
1230 川上まつ子さん

川上まつ子さん

平取町

P0402
アワ、粟
【ア】ムンチロ
【日】アワ
・精白してから水につけ、臼でついて粉にし、お団子にして食べました。とろみのついたおかゆにも入れました。34630
・固いアワ、柔らかいアワという種類があり、また「尻切れアワ」という、穂の先が切れたようになっている種類のアワをまき、収穫しました。34602,34630
・主にはヒエを食べ、時々アワやイナキビを食べました。34630
・死者に持たせる袋の中には精白したヒエ、アワ、イナキビ、豆などを入れました。34674
・先祖供養などの儀式のときにはアワやイナキビの団子を作ってふるまいました。34616
1231

黒川 セツさん

平取町

P0402
アワ、粟
【ア】ムンチロ
【日】アワ
・穂の粒を取り、臼でついて精白し、お団子にして食べました。35280,35269
1232

P0402
アワ、粟
【ア】ムンチロ
【日】アワ
・早稲、晩稲や赤、黒、白などの種類がありました。
・赤い「朝鮮アワ」という種類がありました。イナキビの仲間かも知れません。粒が大きく、つくと固いけれど粘りがあっておいしいものでした。

本文ここまで

ここからフッターメニュー