ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

アイヌの伝承

日本語名:エゾテンナンショウ、コウライテンナンショウ

アイヌ語名:ラウラウ

アイヌの伝承から探す

伝承者 伝承地

3件中 1件目から3件目まで表示

ID 伝承者 日本語名 伝承者の
アイヌ語名
/日本語名
伝承
1256 織田ステノさん

織田ステノさん

新ひだか町静内

P0363
エゾテンナンショウ、コウライテンナンショウ
【ア】ラウラウ
・子供の頃、黄色い毒の部分を取り除き、鍋の底にカヤを十字に置いて、その上に根を並べて蒸してから食べました。とてもおいしいものでした。「もっと食べたい」と言うと「あまり食べるものではない」と言われました。34179
・根が小さいうちにコケイランなど他の食用の根と間違えて食べると、唇も舌も腫れあがって大変なことになります。その毒でクマも獲るという猛毒なのですから。34121,34179
1257

黒川 セツさん

平取町

P0363
エゾテンナンショウ、コウライテンナンショウ
【ア】ラウラウ
・根を生ですりおろして焼酎につけ、布にくるんで痛いところに湿布しました。布にくるまないと皮がむけてしまいました。35269,35270,35309
・実を食べたり薬に使ったりしました。35269
1258

P0363
エゾテンナンショウ、コウライテンナンショウ
【ア】ラウラウ
・根の毒を取り除いて、焼いて食べるとおいしいものだといいます。また根を生ですりおろして、足が痛いときに湿布したともいいます。
・根の毒を取ってから食べるのでないと辛くてひどいもんだといいます。
・頭がはげている人を「ラウラウ」と呼んでばかにしました。

本文ここまで

ここからフッターメニュー