ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

アイヌの伝承

日本語名:ギョウジャニンニク

アイヌ語名:プクサ、キト

利用:食用、薬用、祈り

アイヌの伝承から探す

伝承者 伝承地

3件中 1件目から3件目まで表示

ID 伝承者 日本語名 伝承者の
アイヌ語名
/日本語名
伝承
1198 織田ステノさん

織田ステノさん

新ひだか町静内

P0336
ギョウジャニンニク
【ア】プクサ
・葉を刻んで、茎は蒸してから刻んで干して保存しておき、汁物に入れて食べました。豆と一緒に煮るとギョウジャニンニクは溶けてしまいますが、香りが広がっておいしいものです。34178,34182
・風邪で熱が高いときは葉を鍋で煮て、湯気を吸い込むと治りました。また舌が割れて痛いときも湯気を吸い込みました。34124,34178
1199 川上まつ子さん

川上まつ子さん

平取町

P0336
ギョウジャニンニク
【ア】プクサ
【日】キトビロ
・葉や茎を刻んで生のまま、あるいは干しておき、汁物に入れたり、豆と一緒に煮たりして食べました。葉と茎は別に保存しておきました。34645,34653,34715
・風邪をひいたときはお湯で煮た汁を飲みました。34645,34653
・儀式のとき、伝染病の神に供えるといって干してからだいぶ時間が経ち色の変わったものがお膳に乗っていたのを見ました。34653,34734
1200

黒川 セツさん

平取町

P0336
ギョウジャニンニク
【ア】プクサ
【日】キトビロ
・葉を刻んで干して保存し、煮物に入れて食べました。35267,35280
・痔が悪いとき、干した葉を煮てお尻に湯気をあてました。35270

本文ここまで

ここからフッターメニュー