ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

アイヌの伝承

日本語名:トリカブト、エゾトリカブト、オクトリカブト

アイヌ語名:スルク

利用:生活用具

アイヌの伝承から探す

伝承者 伝承地

3件中 1件目から3件目まで表示

ID 伝承者 日本語名 伝承者の
アイヌ語名
/日本語名
伝承
1129 織田ステノさん

織田ステノさん

新ひだか町静内

P0249
トリカブト、エゾトリカブト、オクトリカブト
【ア】スルクメノコ
・昔、おじいさんたちは矢毒に使った根を祭壇で神の国に送り返すようにしましたが、そこに置いた根から育って花が咲いていて、「花を触るな」と言われました。34183
→口承文芸資料(「トリカブトとクマ神」あらすじ部分)34183
1130 川上まつ子さん

川上まつ子さん

平取町

P0249
トリカブト、エゾトリカブト、オクトリカブト
【ア】スルク
・口承文芸では、トリカブトは「トリカブトの模様が入った着物を着た神」として描かれています。34610
・クマやシカを獲る仕掛け弓には、トリカブトの毒のついた矢を使いました。34642
1131

P0249
トリカブト、エゾトリカブト、オクトリカブト
【ア】スルク  プシ
・古いトリカブトの毒は「トゥワトゥワトゥワ」と言います。効くのでいよいよというときに使います。
・「トゥワトゥワアイ」という矢は松やにで作った古い矢で、毒の憑き神がついているので、化け物を退治する肝心なときに使われます。
・トリカブトには色々な種類があります。「犬のトリカブト」という名前のものは、毒の効き目があまり強くなかったように思います。それが混ざったかも知れない草を馬に食べさせましたが、死にませんでした。

本文ここまで

ここからフッターメニュー