ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

アイヌの伝承

日本語名:ノリウツギ(サビタ)

アイヌ語名:ラスパニ

利用:薬用、生活用具

アイヌの伝承から探す

伝承者 伝承地

4件中 1件目から4件目まで表示

ID 伝承者 日本語名 伝承者の
アイヌ語名
/日本語名
伝承
1439 織田ステノさん

織田ステノさん

新ひだか町静内

P0224
ノリウツギ(サビタ)
【ア】ラスパニ
・湿地に生えている木です。34178
・昔の年寄りは、この木の枝をとり、針金で通してストロー状にし、キセルの吸い口を作っていました。たくさん作ってまとめて干しておき、吸い口が割れると新しいものにつけ替えていました。34103,34178
・布の中に木の切れ端を入れてお湯につけるとネタネタして来ます。それで髪を洗いました。石けんで洗うと顔がつっぱりますが、この木で洗うとつっぱりませんでした。34103
・乳腺炎のときなどに、木を削ったものをお湯に通し、しぼったもので湿布をしました。また膀胱の病気の人がこの木の枝をお湯で煮た汁を飲んでいました。34103,34178
1440 川上 シンさん

川上 シンさん

平取町

P0224
ノリウツギ(サビタ)
【日】サビタ
・これで髪を洗います。35004
1441

黒川 セツさん

平取町

P0224
ノリウツギ(サビタ)
【ア】ラスパニ
・この木で頭を洗いたいと思うことがあります。35268
1637

山丸 武雄さん

白老町

P0224
ノリウツギ(サビタ)
【日】サビタ
・銛の中柄はノリウツギで作ります。30604

本文ここまで

ここからフッターメニュー