ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

アイヌの伝承

日本語名:サルナシ(コクワ)

アイヌ語名:クッチ

利用:食用、薬用

アイヌの伝承から探す

伝承者 伝承地

2件中 1件目から2件目まで表示

ID 伝承者 日本語名 伝承者の
アイヌ語名
/日本語名
伝承
1413 織田ステノさん

織田ステノさん

新ひだか町静内

P0136
サルナシ(コクワ)
【ア】クッチ
・コクワの実は熟していないとおいしくありません。木の上でしっかり熟してからツルを揺すって落ちたものが本当においしいのです。34101
・川でサケを捕ったときに、コクワのツルで魚をつないでおきました。
→口承文芸資料「魚を捕っていてクマに襲われた農屋の娘」34444
  「アチカラテスとハラテスの話」34161
1414 川上まつ子さん

川上まつ子さん

平取町

P0136
サルナシ(コクワ)
【ア】クッチ シウニンクッチ
【日】コクワ
・コクワの実は、あまりたくさん食べると舌が痛くなります。まだ熟さないうちにとって、行器や樽の中に保存しておくと熟します。熟した順に食べて行きますが、熟したものは食べないとすぐに腐ってしまい長持ちはしません。34618,34651
・コクワやマタタビのツルがからまって家の屋根のようになったところには、実のなる時期にはクマがいることがあるので、よく見て注意しなければなりません。34711

本文ここまで

ここからフッターメニュー