ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

アイヌの伝承

日本語名:バアソブ

アイヌ語名:ムク

利用:食用

アイヌの伝承から探す

伝承者 伝承地

6件中 1件目から6件目まで表示

ID 伝承者 日本語名 伝承者の
アイヌ語名
/日本語名
伝承
1388 上田 トシさん

上田 トシさん

平取町

P0034
バアソブ
【ア】ムク
・根を生のまま食べました。35267
1389 川上まつ子さん

川上まつ子さん

平取町

P0034
バアソブ
【ア】ムク
【日】ヤマイモ
・春先に根を掘り、生のまま皮をこすり取って食べました。たくさんとったときは、たるに水を少し入れ、そこにバアソブの根を入れ、棒でこねるようにして薄皮をむきました。それをマメと一緒に煮物にし、油を入れてつぶして食べました。おいしいものでした。34648
・産後に母乳が出ない人に、バアソブを使ったおまじないをしました。その後バアソブを食べていると、自然に母乳が出るようになりました。バアソブから白い液が出るので、それを乳に見立てておまじないをするというのはもっともだと思いました。34648
1390 新井田セイノさん

新井田セイノさん

鵡川町

P0034
バアソブ
【ア】ムク
・ツルの草で、牧場の道路ふちに生えていて、砂の中に丸いイモがついています。生で食べると甘みがありました。皮をむいて煮て食べると聞いたこともあります。35246
1391

黒川 セツさん

平取町

P0034
バアソブ
【ア】ムク
・根は細長いものもあるし、丸いものもありました。生のまま食べました。35267
1392

P0034
バアソブ
【ア】ムク
・春先に根を掘り、生のまま皮をむいて、またはイモの塩煮のように煮て食べます。煮ると少し苦みがありました。
1393 山川  弘さん

山川  弘さん

帯広市伏古

P0034
バアソブ
【ア】ムク
・春先、まだ芽の出ないうちがおいしいといいます。前年の枯れたツルを目印に掘りました。根の皮をむき、煮てつぶして食べるというのを聞いたことがあります。30101

本文ここまで

ここからフッターメニュー