ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

アイヌの伝承

日本語名:くま、ヒグマ、アカグマ

アイヌ語名:キムンカムイ

利用:食用、薬用、祈り

アイヌの伝承から探す

伝承者 伝承地

5件中 1件目から5件目まで表示

ID 伝承者 日本語名 伝承者の
アイヌ語名
/日本語名
伝承
1329 上田 トシさん

上田 トシさん

平取町

A0277
くま、ヒグマ、アカグマ
【ア】キムンカムイ カムイ他
【日】クマ
→口承文芸資料「悪グマを退治した正妻」35301
  「木彫りの狼」35298
  「ヘビを飲み込む姉」35322
1330 織田ステノさん

織田ステノさん

新ひだか町静内

A0277
くま、ヒグマ、アカグマ
【ア】キムンカムイ カムイ他
【日】クマ
・タヌキはクマの神様の召使いです。34156
・「筋子の汁をつけたような」と表現される赤毛のクマは気性が激しいといいます。34153
・ザゼンソウはクマの食糧だという話は小さい頃から聞いていましたが、本当でした。あんな臭い草を食べるというのは意外でした。34131,34139,34446
→口承文芸資料「婿に次々と死なれてしまう娘」30006
  「ヘビ神に化かされたクマ神」34103,34104
  「シナ皮はぎをする娘を襲った山すそのクマ神」34126,34146
  「パナウンペとハルニレの木」34127,34144,34157
  「クマと木の神の会話を聞いた男」34147,35002
  「ひとりで草刈りをしていた時の不思議な体験」 34150
  「人が行方不明になる村を救ったイクレスイェ」34166
  「魚を捕っていてクマに襲われた農屋の媼」34444
1331 川上まつ子さん

川上まつ子さん

平取町

A0277
くま、ヒグマ、アカグマ
【ア】キムンカムイ カムイ他
【日】クマ
・山でシナ皮はぎをしていて、寂しいので即興歌を唄うことがあります。その時沢の中でクマが踊っていたような、あたりを踏み固めた足跡を見たことがあります。クマだけでなく他の神様も歌を聞くと気持ちがよくなり、人間の存在に振り向いてくれるものだといいます。だから山はしんみりと歩くものではありません。34628
・山すそに住むならず者のクマは、体は見えなくても声を聞いただけでもひどい声なのでわかるものです。歌が下手だと「山すそに住むならず者のクマのような声だ」と言われます。赤毛のクマだそうです。34623,34744
→口承文芸資料「女の子を育てたおばあさんとクマの襲撃」34690
  「熊にあってペウタンケしたまつ子さん」34716
1332

木村 イトさん

平取町

A0277
くま、ヒグマ、アカグマ
【ア】カムイ他
→口承文芸資料「古いクマの頭骨が弟の危機を知らせた」35308
1333

A0277
くま、ヒグマ、アカグマ
【ア】キムンカムイ カムイ他
【日】クマ
・クマの足跡を見て、人間でいう土踏まずの部分がなく、べったりとつけて歩いているクマは気が荒いといいます。「谷間を歩くクマ」というのも恐ろしいクマだといいます。
→口承文芸資料「山で拾った赤ん坊」
  「夜襲から女たちを救った子グマの神」
  「祖母に育てられた娘とクマ送り」
  「送られる子グマと人間の母」
  「父に化けたクマに襲われた姉妹」
  「魚を捕っていてクマに襲われた農屋の媼」

本文ここまで

ここからフッターメニュー