ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

アイヌの伝承

日本語名:キタキツネ

アイヌ語名:チロンヌプ

利用:食用、祈り

アイヌの伝承から探す

伝承者 伝承地

7件中 1件目から7件目まで表示

ID 伝承者 日本語名 伝承者の
アイヌ語名
/日本語名
伝承
1350 新井田セイノさん

新井田セイノさん

鵡川町

A0270
キタキツネ
【ア】チロンヌプ
【日】キツネ
→口承文芸資料「火の女神の嫉妬」35227,35239,35241,35248
1351 織田ステノさん

織田ステノさん

新ひだか町静内

A0270
キタキツネ
【ア】ケマコシネカムイ
【日】キツネ
→口承文芸資料「飢饉を見逃したキツネ神(ハラウォイウォイ)」30007,30008
  「ひとりで草刈りをしていた時の不思議な体験」34150
1352 川上まつ子さん

川上まつ子さん

平取町

A0270
キタキツネ
【ア】チロンヌプ
【日】キツネ
・キツネの頭骨に祈るという話は聞いたことがありません。黒いキツネを祈るという話は昔話で聞いたことがあります。34603
・キツネの中には悪いものもいます。ある人が山に行き、体がしびれて何もできなくなりました。水の神に助けを求めに沢に出ようとしても見当違いのところばかり歩いてしまうということがあったそうです。私が似たような目にあったときは、近くにキツネの足跡がありました。34624
→口承文芸資料「大津波を予知して村を救ったキツネ神」34620
1353

A0270
キタキツネ
【ア】チロンヌプカムイ、ケマコシネ
【日】キツネ
・黒ギツネというのは、キツネの中でも偉い神様です。
・キツネの頭骨を木幣をつけて大切にしていた人がいました。
・6つの首を持つキツネというのがいて、人間を化かすというのを聞いたことがあります。
→口承文芸資料「狐に化かされた若者を助けた娘」
1629

熊野末太郎さん

白老町

A0270
キタキツネ
【日】キツネ
・山で行方不明になった人がいたとき、キツネの頭骨で行方を占ったのを見ました。術者が頭の上にキツネの頭骨を乗せ、神に祈ってから落としました。2,3回繰り返した後に生きているという結果が出て、その翌日に無事発見されました。30604,30612
1630

近江竹次郎さん

白老町

A0270
キタキツネ
【日】キツネ
・漁に行く舟には木幣で巻いたキツネの頭骨を乗せて行き、ガスがかかって方向がわからなくなったときは祈ってから頭骨を投げ、方向を占いました。30608
1631 伊藤 年吉さん

伊藤 年吉さん

白老町

A0270
キタキツネ
【ア】チロンヌプカムイ
【日】キツネ
・木幣で包んで家の神様として置いておきました。30612

本文ここまで

ここからフッターメニュー