ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

アイヌの伝承

日本語名:サケ(鮭)、あきあじ、あきやじ

アイヌ語名:カムイチェプ

利用:食用、生活用具、衣、祈り

アイヌの伝承から探す

伝承者 伝承地

4件中 1件目から4件目まで表示

ID 伝承者 日本語名 伝承者の
アイヌ語名
/日本語名
伝承
1364 織田ステノさん

織田ステノさん

新ひだか町静内

A0067
サケ(鮭)、あきあじ、あきやじ
【ア】カムイチェプ
・雄のサケの皮は厚く、雌は薄いのです。大きなサケの皮で靴を作りました。炉で焚いている熱い灰を踏むと穴が開いてしまうので、玄関の土間で脱ぎ、畳んで床材の干し草の下に入れておけば冬でも凍ることがなく、急な用事があれば取り出して履くことができました。サケの背びれが足の裏に来るので滑り止めになり、底の皮は厚く丈夫でした。大切に履けばひと月くらいは持ちました。34128,34156
・伝染病の神を送る儀式では、供物にヒメザゼンソウやオオハナウドの干したもの、たばこ、穀物、干しザケの頭や尾びれを供物として捧げました。34124,34438
・サケの氷頭たたきという料理があります。34155
→口承文芸資料「ヘビ神に化かされたクマ神」34103,34104
  「女の腹にサケが飛び込んだ」34120
1365 川上まつ子さん

川上まつ子さん

平取町

A0067
サケ(鮭)、あきあじ、あきやじ
【ア】カムイチェプ
【日】アキアジ
・「木幣を持つ魚」というサケのことを聞いたような気がしますが、よくわかりません。34643
→口承文芸資料「飢饉を救った狩り場の神(ペットゥ)」34703,34718,34731
1366

A0067
サケ(鮭)、あきあじ、あきやじ
【ア】カムイチェプ
【日】アキアンジ
・天の川の中に白いもやの部分がたくさん見えれば、その年はサケが多く川に上がって来るといいます。白い部分は魚が掘る産卵場を示しているのだそうです。
・サケの中で小さいものは「木幣を持つサケ」といいます。
→口承文芸資料「サケの靴」
1657

青山 政男さん

白老町

A0067
サケ(鮭)、あきあじ、あきやじ
【ア】カムイチェプ
・30611

本文ここまで

ここからフッターメニュー