ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

アイヌの伝承

アイヌの伝承から探す

種の日本語名 キーワード
伝承者 伝承地

674件中 101件目から110件目まで表示

最初 | 前へ | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 次へ | 最後

ID 伝承者 日本語名 伝承者の
アイヌ語名
/日本語名
伝承
1101 川上まつ子さん

川上まつ子さん

平取町

P0205
エゾヤマザクラ、オオヤマザクラ
【ア】カリンパニ
・おじいさんたちが、樹皮を巻いて作られたたばこ入れを持っていたのを覚えています。でもそれはアイヌが作ったのではなく、和人から買ったものだったかも知れません。34627
1102

P0205
エゾヤマザクラ、オオヤマザクラ
【ア】カリンパ
【日】サクラ
・舟を作ったり、山刀のさやを作りました。34445B
1103 織田ステノさん

織田ステノさん

新ひだか町静内

P0223
ナナカマド
【ア】キキンニ
・風邪をひいたときにお茶にして飲んだり、おかゆに入れたりします。34132,34178
・枝を窓や戸口に刺します。水桶にも入れます。34178
→口承文芸資料「ナナカマドの林の中で育った男」34102(あらすじ)
1104 川上まつ子さん

川上まつ子さん

平取町

P0205
エゾヤマザクラ、オオヤマザクラ
【ア】キキンニ
・二日酔いのときにお茶にして飲みます。34641,34653
・水桶に枝を刺してふたをし、魔物が入らないようにしておきます。魔よけの意味以外にも、水の香りが良くなります。34605,34626,34729,34641
・病気の神が来ないように、火にくべて燃やしたり、窓や戸口に枝を刺したりします。寝る前に火にくべて、燃え尻を灰の中に埋めておきます。すると翌朝家の中に香りが広がっているのです。34605,34640,34713
1105

黒川 セツさん

平取町

P0205
エゾヤマザクラ、オオヤマザクラ
【ア】キキンニ
【日】ナナカマド
・二日酔いのときや風邪をひいたときにヒエのおかゆに入れて食べました。35267,35269,35270
・伝染病がはやったときに炉で燃やすと、香りが家中に広がり、病気の神様が嫌がって近寄らないといいます。35294
1106

P0205
エゾヤマザクラ、オオヤマザクラ
【ア】キキン二
・体がだるいときに、お湯で煮たものを飲みました。34425
・子供のときに小さい袋に入れて、お守りに持たされました。34415
・伝染病の神の魔よけとして枝を水桶に入れたり、窓や戸口のわきに刺したりしました。34471,34473
1107

西島 テルさん

平取町

P0205
エゾヤマザクラ、オオヤマザクラ
【ア】キキンニ
・伝染病がはやったときには、家のまわりに置きます。35100
1108 山川  弘さん

山川  弘さん

帯広市伏古

P0205
エゾヤマザクラ、オオヤマザクラ
【ア】キキンニ
・黒い実を食べます。30110
1109 新井田セイノさん

新井田セイノさん

鵡川町

P0214
タチイチゴ、クマイチゴ、エゾノクマイチゴ
【ア】フレアユシニ
【日】アカタランボノキ
・この木でおはらいをします。35243 →口承文芸資料「火の女神の嫉妬(アテヤテンナ)」35277,35239,35241,35248
1110 織田ステノさん

織田ステノさん

新ひだか町静内

P0214
タチイチゴ、クマイチゴ、エゾノクマイチゴ
【ア】フレアユシニ フレエマウリニ
【日】キイチゴ
・血便が出るようなお腹の病気のとき、枝をとって来て、少しの小豆と一緒に煮てお茶の代わりに飲んで治しました。それを知らないでいると隠れ(=隔離)病院に入ることになります。34107,34121,34142

本文ここまで

ここからフッターメニュー