ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

アイヌの伝承

アイヌの伝承から探す

種の日本語名 キーワード
伝承者 伝承地

674件中 141件目から150件目まで表示

最初 | 前へ | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 次へ | 最後

ID 伝承者 日本語名 伝承者の
アイヌ語名
/日本語名
伝承
1141 上田 トシさん

上田 トシさん

平取町

P0271
ハコベ
【ア】リテンキナ
・エゾニュウと一緒に煮て食べると、青臭い臭いが消えます。35267
1142 織田ステノさん

織田ステノさん

新ひだか町静内

P0271
ハコベ
【ア】リテンムン
【日】ハコベ
・葉を食べたことはありません。34124
・お腹が痛くなったときに、葉をとってもみ、出た汁をお椀に入れて飲むと治ります。また熱いお湯に葉を入れるとしおれますので、それをお腹や背中につけました。34124,34183
1143 川上 シンさん

川上 シンさん

平取町

P0271
ハコベ
・お湯で似た汁を、お腹の痛いときなどに飲みます。35007
1144 川上まつ子さん

川上まつ子さん

平取町

P0271
ハコベ
【ア】リテンキナ
【日】ハコベ
・編んで干して保存をしておき、食べました。34628
・頭にできものがたくさんできた子に、ハコベの葉をとって来て叩いてつぶし、頭にかぶせました。それで良くなったものです。34729
1145

P0271
ハコベ
【ア】リテンムン
【日】ハコベ
・熱を持ったところを冷やすもので、リンパ腺が腫れたときに湿布をしました。
1146 織田ステノさん

織田ステノさん

新ひだか町静内

P0287
オオイタドリ
【ア】クッタラ
・葉を陰干しにして刻み、タバコに混ぜて吸いました。34101
1147 川上 シンさん

川上 シンさん

平取町

P0287
オオイタドリ
【ア】クッタラ
・茎の中が空洞になっているので、輪切りにして玉飾りのように糸を通し、それを首にかけておはらいをしました。35002
1148 川上まつ子さん

川上まつ子さん

平取町

P0287
オオイタドリ
【ア】クッタラ
【日】ドングイ
・アキタブキを塩漬けにするとき、オオイタドリの葉をかぶせておくと色がきれいに漬かりました。34646
・葉を火であぶり、できものができたり、それ以外にひどくうみがたまったときに張りつけます。34646
・悪い神につかれて正気ではなくなった人のために、この茎や葉で小さな家を作り、その中に座らせて火をつけました。中の人が火傷をしないうちに引っ張りだし、燃えた家は水に流して始末をします。そうすると治るものだという話は聞いたことがあります。34613
・口承文芸に、悪い神に取りつかれた人のためにオオイタドリの家を6軒作り、それを燃やして、そこに次々に取りつかれた人をくぐらせたというものがあります。34613,34665
1149

黒川 セツさん

平取町

P0287
オオイタドリ
【ア】クッタラ
【日】ドングイ
・葉をヨモギと一緒にタバコに混ぜて吸いました。35295
1150

松永 タケさん

白老町

P0287
オオイタドリ
【日】イタドリ
・カジキマグロを捕ったとき、家の中にオオイタドリの葉を敷いて、その上にカジキマグロの頭部を安置しました。家に入れるときは神窓から入れました。35210

本文ここまで

ここからフッターメニュー