ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

アイヌの伝承

アイヌの伝承から探す

種の日本語名 キーワード
伝承者 伝承地

674件中 71件目から80件目まで表示

最初 | 前へ | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 次へ | 最後

ID 伝承者 日本語名 伝承者の
アイヌ語名
/日本語名
伝承
1071 山川  弘さん

山川  弘さん

帯広市伏古

P0141
ヤマブドウ
【ア】ハッ
【日】ブドウ
・家の建築材をしばりつけるのにつるを使いました。30105,30110
1072 織田ステノさん

織田ステノさん

新ひだか町静内

P0146
イタヤ イタヤカエデ
【ア】トペンニ
・冬に木に傷をつけ、そこから出て来る樹液を凍らせてアイスキャンディを作りました。かき氷よりもおいしかったように思います。34102(34109)
・お腹に子供がいるとき、お湯で煮たものをお茶がわりに飲んでいると、赤ちゃんにあざなどができないといいます。34107
・見た目が白いイタヤカエデは質が良く、まきにしたり、木材として炉かぎやおたま、さじなどを作りました。34102
1073 川上まつ子さん

川上まつ子さん

平取町

P0146
イタヤ イタヤカエデ
【ア】トペニ
【日】イタヤ
・シナノキから糸を作るときに、イタヤカエデ、アサダ、ミズナラなどの固い木を燃やして灰にし、一緒に煮ました。すると糸が柔らかく仕上がります。34729
・まきにしました。34685
1074

黒川 セツさん

平取町

P0146
イタヤ イタヤカエデ
【ア】トペニ
【日】イタヤ
・赤ちゃんが生まれて母乳が出ないとき、この木の神様に祈ってから樹液をとり、母親に飲ませると乳が出ました。35268,35270
1075

P0146
イタヤ イタヤカエデ
【ア】トペニ
・樹液は5月頃によく出るので、昔は木に傷をつけて切り口にビンをあて、樹液をとっているのを見ました。34427
1076 山川  弘さん

山川  弘さん

帯広市伏古

P0146
イタヤ イタヤカエデ
【ア】トペニ
【日】イタヤ
・昔は春先に山へ行き、この木の南側の氷がとけたところになたで削り、出て来る樹液を飲みました。30109
・この木で神へ祈るときに使う捧酒箸を作りました。
1077 織田ステノさん

織田ステノさん

新ひだか町静内

P0153
ツルウメモドキ
【ア】ハイ ハイプンカラ
・3月頃、堅雪の上で雪ざらしにします。34102
・糸にしてござ編みの糸にしましたが、麻の糸が店で売られるようになってからはそちらを使うようになり、ツルウメモドキをとることもなくなりました。34138
・サケ皮の靴を縫うときも、丈夫なこの糸を使いました。34156
・弓の弦、下帯など肝心なところに使いました。34163
1078 川上まつ子さん

川上まつ子さん

平取町

P0153
ツルウメモドキ
【ア】ニカウンハイ ハイプンカラ
・3月頃堅雪の上を歩いてとりました。丈夫で軽くて柔らかい糸ができます。雪ざらしは、内皮を鍋で煮てから雪の上に並べました。むらに染まらないようにきれいに広げ、一週間もすれば真っ白に仕上がりました。34644
・弓の弦や下帯、荷縄を作りました。下帯は地肌につけるので、ツルウメモドキの下帯はつけていることを忘れるくらいに柔らかいものでした。他の素材で作ったものはガサガサとして痛いのです。34644
1079

黒川 セツさん

平取町

P0153
ツルウメモドキ
【ア】ハイ
・冬にとって来て、母親が糸を作りました。私はその横で大人のまねをして弓を作ったのを覚えています。35267
1080

P0153
ツルウメモドキ
【ア】ハイプンカラ
・糸を作りました。34458

本文ここまで

ここからフッターメニュー