ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

物語や歌

C238. 飢饉を救った狩り場の神

あらすじ

 

 私は狩り場の神で、男のひとり暮らしでした。女手がないので、ガマをたくさん刈って来てその上に座って暮らしていましたが、何の不自由もなく暮らしていました。
 ある日私の家の神窓に影がさしたので見ると、お酒のいっぱい入った酒椀で、その上で捧酒箸が飛び跳ねていて、その音がこのように聞こえました。「オキクルミの神から使いに出されて伝言を伝えに来ました。人間の村が飢饉になり、オキクルミの神が食べ物を分け与えていたのですが、それももうできなくなりそうです。狩り場の神様、どうぞ手を貸してください」。
 それを聞いてかわいそうになりました。12個の行器を出して来て、そこに少しだけ酒を注ぐと全ての行器がいっぱいになりました。そして酒宴をひらき、神々を招待しました。シカの神に「シカを出してください」と頼むと、「人間たちは私の仲間を殺しても、木幣も捧げない。仲間たちは泣きながら帰って来るのだ。そこで食糧を出さないことにしたのだ」と言いました。魚の神のところに言って頼むと「人間たちは私の仲間を殺しても、なづち棒も捧げない。仲間たちは泣きながら帰って来るのだ。そこで食糧を出さないことにしたのだ」と言いました。
 そこで私はシカの神の倉庫からシカの骨をくすねて、狩り場にまき散らしました。魚の神の倉庫から魚の骨をくすねて、川のへりにまき散らしました。2,3日経つと、シカも魚もたくさんあふれるようになったので安心していました。
 すぐにオキクルミの神から酒や食べ物がたくさん届き、また神々を招待して酒宴を開きました。力のついた人間たちからも次々に供物が届くので、シカや魚の神様はこう言いました。「最初から狩り場の神の言う通りに食糧を出していれば、色々な供物を受け取ることができます。少しの人間のすることに腹を立てて食べ物を出さなかったけれど、狩り場の神のおかげで供物を受け取ることができるのです」と言って私を敬いました。
 それで今でも狩り場の神は祈られているのですと、どこかの神が物語りましたとさ。


本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー