ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

物語や歌

C230. 兄に呪われたオタサムの男の話

あらすじ

 

 私はオタサムの村で父と暮らしている男でした。大きな村で暮らしていて、母はおらず、私が大きくなってからは狩りにひとりで行っていました。村人について交易に行きたいというと父は駄目だと言い続けていました。でもうらやましいと思い、父には漁に出ると言って準備をしたところ、父は「どこへ行っても自分の素性は言うのではない」と言い、私は交易に出かけて行きました。

 海へ舟を漕ぎ出して進んで行くと、仲間たちが途中で休もうと言うので舟を陸に上げました。川が海に流れ込んでいるところの土手に登ってみると、家がありました。そこを訪ねて行くと、みすぼらしい着物を着た若い娘がいて、家の中の人に「見たこともない神のように美しい男性が来ています」と言うと、「お入れしなさい」という男性の声がしました。家に入ると、暮らし向きが良くないことがひと目でわかる様子の老夫婦が座っていました。男性の方を見ると目の玉がないのでした。挨拶を交わしてから、持って来た食べ物を差し出して皆で食べました。そして「一体どうしてここで暮らしているのですか?」と尋ねると、老紳士が答えました。

「私たちはオタサムで暮らしていたのですが、私には兄がいて、父が死ぬ時に『遺産は兄弟で平等に分けるように』と遺言を残して死んだのですが、兄は悪い心を抱いたようでした。兄に猟運がなく、私に猟運があることをねたみ、悪い神に祈ったのでしょう。私はつらい目にばかり遭いました。私が先に結婚して子供ができたことも憎しみの対象だったのでしょう。私の息子たちは次々に死んでしまい、兄から逃げてここへやって来たのです。長男を連れて来たので、狩りをしてくれていたので苦労することなく暮らしていましたが、ある日息子は帰って来なかったのです。犬を連れて行っていたので、その犬が息子の片袖をくわえて戻り、クンクンと鳴いているのでただごとではないと思い、川をさかのぼって行ったところ、息子は化け物に殺されてしまっていました。

 それから私は着物を被って寝てばかりいました。妻はオオウバユリ掘りにまだ小さかった娘を連れて行き、戻ったところで大蛇が娘に襲いかかりました。危急の叫びを聞いて私は駆けつけ、木の枝で大蛇を殴りつけていたところ、大蛇の体液が飛び散って私の目に入ったのです。それからは目が痛んで、そのうちに目の玉が溶け落ちてしまったのです」。あまりにも気の毒で、涙を落としながら聞いていましたが、父が「自分の素性を語るな」と言っていたので自分のことは何も言わず、ただ「交易に行く途中です」とだけ言いました。するとその老紳士は「ここにある宝物を持って行き、着物と交換して来てくださいませんか」というので、それを持って交易に向かいました。もしやこの人は私の叔父ではないかと思ったものの、心に秘めておきました。

 交易に行った先では、色々なものを殿様に交換してもらい舟いっぱいになりました。感謝をしつつ帰途につき、あの途中の家に立ち寄りました。俵と酒樽をひとつ背負って家に入って行くと、老人は喜んで神に祈りました。着物もきれいな着物を家の人にあげて、私は感謝されたけれど、やはりオタサムから来たということは言いませんでした。翌日、荷物のほとんどはその家の人にあげてしまい、私はひとつの俵と酒樽だけを持って帰りました。

 家に帰ると、父が「村人たちはもう帰っているのにおまえが遅いので心配していたが、良かった」と言うので、怒ってドスンと座り「父さんには兄弟はなかったのか」と聞きました。すると父は「弟がいたのだが、私は弟をねたんで悪い神に祈ったりした。弟は海の向こうに逃げて行ったが、おまえはそこへ行ったのではないか」と言うので、さんざんにののしって「宝物に囲まれて暮らすといい。私はもう出て行く」と行って家を出て、叔父のところに行きました。叔父は泣いて喜んでくれました。崩れかけた家は建て替えてきれいにし、沖の村の人たちにも挨拶をしました。それからは私がクマやシカをとり、何不自由ない暮らしをしました。そして沖の村で結婚し、子供もたくさんできました。死ぬ前に子供たちには「自分はもともとこの村の人間ではなく、身を寄せた身の上なのだから、村の人たちとは仲良く暮らしなさい」と言い残して死んで行きますと、オタサムの人が物語りました。


本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー