ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

物語や歌

C208. トドをだまして肉をとる

あらすじ

 

 ペナンペとパナンペがいました。
 パナンペが浜に出ると、トドが陸に上がっていました。パナンペが「シラミを取ってあげよう」と言って、トドの襟首の肉をむしって食べていました。やがてトドは沖へ行こうとしたので「早く行け、襟首をそがれた奴!」と言うとトドは「何て言ったんだい?」と言うので「『早く行きなさい、私のトドさん』と言ったんだ」と答えると「耳が聞こえないとでも思ったか」と言って、怒って追いかけて来ました。すると木の上でカラスが「カーカー、狭い谷を通れ」と鳴いたので言われた通りにすると、トドは谷の途中に体が引っかかってしまったので、叩き殺してしまいました。そしてその肉を運んで来たので、パナウンペは長者になりました。

 ペナンペが訪ねて来て「貧乏人であったおまえがどうして長者になったのだ」と聞くので、「食事をしながら話すとしよう」と言うと「先に聞いて知っている」と言って戸口に小便をかけて行ってしまいました。

 ペナンペが浜に出ると、トドが陸に上がっていました。ペナンペが「シラミを取ってあげよう」と言って、トドの襟首の肉をむしって食べていました。やがてトドは沖へ行こうとしたので「早く行け、襟首をそがれた奴!」と言うとトドは「何て言ったんだい?」と言うので「早く行きなさい、私のトドさん」と言ったんだと答えると「耳が聞こえないとでも思ったか」と言って怒って追いかけて来ました。すると木の上でカラスが「カーカー、広い谷を通れ」と鳴いたので言われた通りにすると、トドは谷の途中に体が引っかかることなく追いかけて来て、ペナンペはとうとうひどい死に方をしたのです。

という短いお話でした。

 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー