ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

物語や歌

C203. イクレスイェがフクロウ神から子供を授かる

あらすじ

 

 私はユペッに住むイクレスイェです。長者なので何不自由ない暮らしをしていましたが、ただ子供がないことだけが悩みでした。家の外には祭壇があり、いつもきれいにしてありました。近くには小さなエゾマツが生えていて、そのまわりもきれいに掃除して、祈りを捧げていました。そのエゾマツは成長が早く、とても大きくなりました。そのエゾマツにはフクロウが巣をかけ、やがてひなが生まれたようでした。親鳥は朝まだ暗いうちからエサを探しに飛び立ち、エサをとって来てひなにやってもすぐに鳴き騒ぎます。それをかわいそうに思い、木皿に肉や魚をたくさん入れてフクロウの神に祈りました。すると朝暗いうちに木皿の食べ物はなくなり、親鳥が海の方まで飛んで行くということもなくなったので喜んでしました。
 ある夜夢を見ました。私の家のいろりの横座に、黒い着物を着た男の人がいました。その人が銀のキセルとたばこ入れを持っていました。「イクレスイェの旦那さん、あなたには感謝してもしきれないくらいに思っています。明日になったらこの金の草履をはいて海を渡ってください。すると海は固い床のようになって、あなたはやすやすと海を渡って行けるでしょう。海の向こうには大きな川があって、その川をさかのぼって行ったなら、金と銀のかたまりが両側で光っています。それを持って来たならば、あなたは何の苦労もなく暮らすことができます」と言いました。翌日言われた通りにして、置いてあった金の草履をはいて海を渡って行き、金と銀のかたまりを持ち帰って来ました。するとまた夢を見るとあの男性がこう言いました。「私はもう神の国に帰りますが、子供を男の子と女の子にして置いて行きます。大きくなったら一緒の寝床で寝かせなさい。すると子宝に恵まれますから」。起きると、戸口のすだれが動いたので行ってみると、男の子と女の子がいました。大喜びして子供として育てることとし、鳥の子なので大きくなるのがとても早く、成長したら一緒に寝かせたところ次々に子供ができました。
 それからはエゾマツの神、フクロウの神に祈りながら子供たちを育て、幸せに暮らしました。子供たちがとって来た獲物を食べ、子供たちには木幣の作り方や儀式をすることを教え、神に祈ることを忘れないようにと言い置いて死んで行きますと、イクレスイェが物語りました。

 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー