ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

物語や歌

C202. 火の女神の嫉妬(アテヤテヤテンナ)

あらすじ

 

 私は旦那さんと一緒に暮らしていました。旦那さんはある日便所にいくと、それきり戻って来ません。遠慮をしつつ便所を見ても姿がありません。私の小山や、大地の上手を神の力で見回しても姿がありません。大地の下手のほうを見ると、6匹のキツネ、女ギツネが私の旦那さんをさらっていって、もて遊んでいる様子が見えました。ひどく腹を立ててそこに出向いていって、女ギツネたちを土や草と一緒に刻んで殺してしまいました。旦那さんは死んだように動かないので、背負って私たちの家まで帰って来て、家の中には入れないで、川に連れていって水にくぐらせ、6軒の家、草の家を造ってそれを燃やし(そこをくぐらせ?)、タチイチゴの木で手草を作り、それでお祓いをすると旦那さんは気がついて「妻よ、私はいったいどうしたというのだ」というので、今までのことを説明すると「妻のおかげで助かったのだ」といいました。そしてふたりで手を取り合って家に入り、それからは旦那さんも便所にいってもすぐに帰って来て、何も恐ろしいことがなく暮らしているのです、と火の女神が物語りました。

 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー