ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

物語や歌

C057. 狩人が消える村を救ったイクレスイェ

あらすじ

 

 私はイクレスイェという名の立派な村長で、立派な奥さんをもらって幸せに暮らしていたところ、ある時このような噂を聞きました。

 隣の川筋の村では、男の人たちが山猟にいくとそのまま帰って来なくなるというのです。心配して探しにいった人たちも皆帰って来ません。最近ではそれを恐れて誰も山に行くことをしなくなったといいます。その話に私はひどく同情しました。そしてある日、自分で様子を見に行ってみようと思い、出掛けていきました。

 神が住むという高い山の上に登って、隣の川筋の村の様子を見てみると、村には人が歩く様子もなく、犬さえ歩いていないありさまでした。その村の方向を目指して尾根伝いに山を下りて来ると、西のほうに口のついた深い川が見渡せるところに下りて来ました。川の底を見ると、なんと毛の剥げた人間だかクマだかわからないものが、刃物を研いでいる様子が見えました。木の陰に隠れてそいつの様子をうかがい、ひそかに神に自分を守ってくれるように祈りました。様子を見ていると、そのクマは刃物を研いで、石や木をそれで叩きながら「イクレスイェが来たら、このように骨ごと刻んでやるぞ」というので驚きました。どうしてあいつは私の名を知っていて、私を刻んでやるといっているのだろうと思い、よくよく見るとそれは人間ではなく、尻尾の先にしか毛のない痩せグマだったのでした。石を口に入れ「イクレスイェのやつが来たら、このように骨ごとかじって食ってやる」というのを聞き、私は矢筒をおろし、矢をつがえてそいつを狙いました。悪いクマが頭を上げたので、その胸を第一の矢で射ました。するとそいつは叫び声をあげ、私のほうに向って来たので、第二の矢でのどを射たところ、川の底へ落ちていってしまいました。

 腹を立てながら神に抗議をしつつ川に沿って下っていくと、あの隣村に着きました。村長の家の干し竿を叩くと、頬に涙の痕をつけた若い女性が出て来て、すぐに引っ込んでしまいました。家の人に相談すると「入れてさしあげなさい」という声がして、掃除をして座を作るためにゴザをひく音を聞きました。そして家に招き入れられたので客座に座ると、家には年配の人たちばかりがいて、皆頬に涙の痕をつけていました。事情は何も話さず「山猟にいったところ道に迷ってしまい、村を見つけたのでやって来たのです」というと、年配の男性は「旦那さんは無事で良かった。じつは私のふたりの息子は、山猟にいったきり戻って来ないのです。探しにいった者たちも戻らないままもう2年も3年も経ちました。誰も私たちを養ってくれる者がいないのでもう死んでしまいたいのですが、お腹が空くので食事をしつつかろうじて生きているのですよ」といいました。食事をするように勧められたので、私の持って来たクマの干し肉などを差し出すと、その家の人たちは泣いて喜び「息子たちがいたときには何不自由なく食べていたものを、久しぶりに食べることができます」といって食事をしました。それはそれはひどく可愛そうな様子でした。私の寝床を神座に準備してくれたのでそこに眠ると、腹が立って眠れないと思ったのにいつの間にか眠ってしまいました。

 すると神窓のすだれがさっと開き、そこから痩せたみずぼらしい中年男が顔を出しました。「これイクレスイェよ、私は山の下端に住むクマの神である。常々、神々はおまえのことを、あれほどの勇者はいないと褒めてばかりいたので、私はそれに腹が立ったのだ。『神がいてこその人間ではないか』といって怒ると、神々は『それならばおまえがイクレスイェを殺して連れて来い。そうすれば偉大な神としておまえを敬ってやろう』といってけしかけるので、やってやろうと思ったのだ。でもおまえの勇敢なことにはやはりかなわないだろうと思い、隣の川筋の村の者たちが山猟に来たところを皆つかまえて食べてしまい、その噂を聞いたおまえがやって来たならば、同じ様に食ってやろうと思っていた。神の力でおまえを見張っていると、今日おまえがこの村に同情してやって来ることを知った。その前にと思って刃物を研いでいたところ、まさかそこにおまえが来るとは思わないでいて、殺されてしまった。矢の刺さったまま神々のところに戻ると、さんざんに冷やかされ罵られ、地下の冥府へいってしまえといわれた。私を憐れんで、今までと同じように山の下端で暮らすことができるようにしておくれ」といったのを聞いて目が覚めました。

 ひどく腹を立ててまだ夜が明けないうちに座っていると、家の主人が起きて来ました。「旦那さんは眠れなかったのですか?」と心配するので、自分が有名なイクレスイェであることを打ち明け、今までのことを全て話しました。するとその旦那さんは泣いて泣いて「息子たちを食べた悪神は地下の冥府に落ちてしまえ」といいました。夜が明けると村人たちが集められました。皆泣いて、悪神が落ちて死んだところに出掛けていき、その屍の頭を腐れ木の上に置き、体は刻んで石の上にばらばらに置いてやりました。でも私は密かに、神々に怒りつつも「悪いものを悪いままにしておくのは恐ろしいものだ。悪神は今まで通り山の下端に置き、つぐないにこの村の人を守らせてください」と祈りました。

 そして村に帰ると、もう一晩泊まるように勧められました。そこで「悪神は確かに罰し、今後はつぐないとしてこの村に食糧を届けさせなさい、と神々に祈ったのです」と報告しました。家の主人は「これで今後は安心して山に行き、暮らすことができます」といって私に感謝しました。そこで私は泊まることにし、腹が立っていたのにまた眠ってしまいました。するとあの悪神が新たに髪を切りそろえ、これからは私のいう通り、この村の人たちが食べ物に不自由しないように責任を持つと約束しました。「イクレスイェ、おまえのおかげで自分が悪かったことに気付いたのだ」と悪神はいって詫び、私に感謝をしました。

 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー