ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

物語や歌

C049. オタスッ人の悲恋と魔鳥

あらすじ

 

 オタスッの村で私は兄に育てられている男の子でした。少し大きくなると兄と一緒に山へ狩りに行きながら暮らしていました。ある時兄が「シカやクマの毛皮を持って交易に行こう」と言ったので、一緒に舟に乗って海へ漕ぎ出し出かけて行きました。沖で別の交易舟と行き会い、舟の男は「シマクマキという村から来た」と言い、その荷物の上にはとても美しい女の子が座っていました。舟を並べて漕ぎ、兄たちが色々な話をしているうちに舟は和人の村に着きました。兄が仮小屋を作ると、シマクマキのき兄妹も近くに仮小屋を作りました。改めて見て、妹の美しさにはほれぼれしました。
 殿様のところに行って「毛皮を積んで来たのです」と言うと、喜んで酒や穀物や着物などと交換してくれました。そして舟は荷物でいっぱいになったのでまた舟を並べて海に漕ぎ出し、お互いに感謝の言葉を交わして私たちは自分の村へ帰り、シマクマキの兄妹は自分の村へ帰って行きました。
 それからというもの、私はあの妹のことが忘れられなくなり、食事もせずに寝てばかりいるようになりました。兄が「どうしたのだ。女が欲しいなら探して来てあげよう」と言っても寝たままで、何ヶ月か過ぎ、私は死にそうになってしまいました。村で酒宴が開かれると人々が集まり、若い女性もたくさん集まっているのでと兄に誘われて行きましたが、どうしてもシマクマキの女が忘れられないのですぐに家に帰って来ました。兄が怒ったので、私は「どうしてもあのシマクマキの妹が忘れられないのです。死ぬ前にあの娘に会わせてもらえませんか」と言いました。兄は「早く言えばそうしたのに」と言って、シマクマキの村に使いを出しました。するとシマクマキの兄妹は「早く言ってくれればいいものを」と言ってすぐにオタスッに来てくれました。
 (話者が代わって)そしてふたりが結婚の儀式をしている途中でオタスッの弟は急死してしまい、続いてシマクマキの妹も自刃して死んでしまいました。兄たちが悲しみに暮れて2,3日過ごしていると、外に出た人たちが「大きな鳥が2羽家の上を飛んでいる」と言いました。出てみると本当に鳥がいて、その羽音が人間の声になって聞こえて来ました。「兄さん、よく聞いてください。ケソラプの女神が天の国から人間の国を見渡して、このオタスッの弟である私を好きになりました。ケソラプの男神の方はシマクマキの妹を好きになり、ふたりを殺して神の国に来させてそれぞれに結婚しようと考えたのです。仕方のないことに私たちは死んで鳥になってしまったのです」そう言って飛んで行ってしまいました。兄たちは泣いてお墓を作り、神も悪い心を持つのものだと言い合いました。やがて双方の兄のところにはお嫁さんが来て、お互いに子供がたくさんできて行き来をしながら、死んだふたりのことを惜しみつつ年老いて死んで行きました。

 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー