ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

物語や歌

C029. 和人地に行く途中でアイヌラックル神に会った男の話

あらすじ

 

 どこかの村の立派な村長が私で、妻は働き者で、畑仕事をして何でも作って暮らしていました。私も山猟にいくとクマやシカを獲って来て、何をうらやましいと思うこともなく暮らしていましたが、ただひとつだけ欲しいと思うのは子どもでした。
 ある時和人の村から何度も手紙が来ていうことには「この村のアイヌの村長は、本当に勇気のある人だという噂を聞いた。我々の村に来て勇気比べをしよう」という内容でした。どうしてそんな噂が立ったのかわからず、行かないでいました。毎年毎年手紙が来て、ついには「求めに応じないために和人の村からアイヌの村に軍勢が攻めて来て、戦になる」という噂が立ちました。村人たちが苦しい目にあうと思ったので、仕方がなくこちらから出かけていくことにしました。神々に、私の背後に憑いてくれるように祈り、また村人たちにも私の背後に憑いて守ってくれるように頼みました。食糧を舟に積んで、泣いている妻に留守を頼んで出かけていきました。
 何日も泊まりながら進んでいくと、今まで交易にいくために通ったところに、見たこともない小さい山があって、その上には屋敷が建てられていました。山の下にある小さな入り江に舟をつけて、その山を登っていって、屋敷の前で咳払いをすると「お入りください」という声がしました。入ってみると家の中は光り輝いていて、神らしい姿の男性が座っていました。座の中央に座り、拝礼をして今までのいきさつを話すと、神の男性は顔をあげてこのようにいいました。
 「人間の旦那さん、私のいうことをよく聞いてください。私は天の国に住むアイヌラックルという神なのです。あなたがひとりで出かける様子を見て、とても生きては帰れないだろうと思ったので、あなたと一緒に行くつもりで、ここであなたをお待ちしていたのですよ。一緒に行きましょう」。
 そしてこの神と一緒に舟に乗り、和人の村に出かけていきました。神は、神の不思議な力で私の前に立ち、私になり替わり、私の姿を見えないようにして「何があっても身動きせずに、私の後ろに隠れて見ていなさい」といいました。和人の村に着くと「アイヌの旦那さんが来た」といいながら和人たちがやって来て、私(の身代わりになっている神)を勇気比べをするための屋敷に連れていきました。屋敷に入ってみると、まさかそのようなものがあるとは思わなかったけれど、大きなまな板があって、私をそこで斬ろうとしているらしいことがわかりました。人間は神ではないので、斬られたら死んでしまうと思ってひどく恐ろしく、おびえていると、私の身代わりの神はまな板の上に横になり、和人の殿様が太刀を振りおろしました。すると、何ということか神のすがたは太刀で斬られる前に消えてしまい、何度斬ろうとしても斬ることができないのでした。
 神はやがて立ち上がり、足を踏み鳴らして怒り「今度は殿様たちがここに横になりなさい。斬ってあげましょう」というので、殿様がいうことには「噂に聞く勇者であるアイヌの旦那さんを斬り殺してしまうつもりでしたが、斬ることができませんでした。たくさんのお詫びの品を差し上げますのでお許しください」。そういっても神は怒りを解かないので、殿様は「それでは改めて交易船を出してお詫びにうかがいます。今後このような無茶は決して申しません」といいました。そこで神は「今後このようなことがあれば、アイヌのほうから戦を仕掛けるぞ、わかったか」といいました。たくさんのお詫びの品の舟に積み込んで、後からも舟で荷物を届けますというので、私は神と一緒に先に舟に乗って漕ぎ出しました。舟の上で神は私に「これからは何も恐れるものはないでしょう。酒が手に入ったら私に祈ってください。そうすれば、いつまでもあなたの背後に憑いて守ってあげましょう」といいました。アイヌラックル神を屋敷に送り届け、神が山を登って屋敷に入る様子を見つつまた舟を漕ぎ出し、しばらくして後ろを振り返ると、あの山も屋敷も跡形もなく消えてしまっていました。
 何日かして、私の村に帰って来ると、村人たちも妻も大喜びで私を迎えてくれました。何日かすると和人の交易船がやって来て、色々な品物、宝物を届けてくれました。村人たちのおかげもあって生きて帰ることができたので、少しずつですが皆に分け与えました。アイヌラックル神や色々な神々に酒を捧げて感謝をしつつ暮らしていると、子どもを次々を授かり、もう何もうらやましいと思うこともなくなりました。子どもたちや村人たちに「若い頃は和人のきまりごとがきびしく、危なく斬られてしまうところだったが、神の力が強かったために生きて帰ることができたのだ。おまえたちが今生きていることも、神がいたおかげなのだから、神に感謝することを忘れずに暮らしなさい、村人を守りなさい」といって年老いて死んでいきますとある村の村長が物語りました。

 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー