ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

物語や歌

C017. 石狩の漁場から逃げた男

あらすじ

 

 私は石狩の男だが、石狩川河口の漁場で和人にこき使われ、苦しんでいる人の話を聞いて恐くなり、山奥に逃げた。そこには同じように逃げてきた老夫婦が住んでいたので、一緒に暮らしはじめた。塩が欲しいときには、元の村ではなく、別の村に買いにいった。老夫婦はやがて亡くなり、どこからともなく人が集まってきて村ができた。自分も死んでゆくが、買い物をするときには決して元の村に行かないようにと言いおいて死んでゆく。

 

本文ここまで

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー