ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

自然図鑑 検索結果

日本語名:ワラビ

アイヌ語名:トゥワ

利用:食用、薬用

ワラビ

ワラビ

学名Pteridium aquilinum
科名コバノイシカグマ科
種類
種IDP0431

 シダ植物で、若い芽をゆでてあく抜きをして食べるおなじみの山菜です。また根からとったデンプンで「わらび餅」を作ります。
 アイヌ文化でも、若い芽をゆでであく抜きをし、汁物の具にして食べます。秋には根からデンプンをとるという地域もあります。これをおかゆにして食べたり、薬として赤ちゃんの肌が赤くなったところにつけました。

ワラビの葉(5/24)

ワラビの葉(5/24)

アイヌ語辞典

植物編:植431(1)
アイヌ語名:ワルンペ warumpe
語義:[<日本語“わらび”]
地域・文献:幌別
区分:新葉のまだ開かぬもの

詳しく見る

アイヌの伝承

織田ステノさん

織田ステノさん
新ひだか町静内

日本語の呼び方:ワラビ
・赤ちゃんの肌が赤くなったときつけるのに一番いいものでした。そのうちに天花粉というものができて、そちらを使うようになりました。34121

詳しく見る

本文ここまで

ここからフッターメニュー