ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

自然図鑑 検索結果

日本語名:クジャクシダ

アイヌ語名:エトゥケムヌムン

利用:薬用

クジャクシダ

クジャクシダ

学名Adiantum pedatum L.
科名ホウライシダ科
種類
種IDP0427

 シダ植物で、クジャクが羽を広げたような葉がその名の由来です。観賞用に庭先に植えられていることもあります。
 アイヌ文化では、血止めの効果のある薬として使われました。またこの草で温湿布をしたという地域もあります。

アイヌ語辞典

植物編:植427(1)
アイヌ語名:エトゥケムヌムン etukemnumun
語義:[“鼻出血の草”の義。etu(鼻)kemnu(出血する、kem血、nuもつ)mun(草)]
地域・文献:美幌屈斜路
区分:

詳しく見る

アイヌの伝承

織田ステノさん

織田ステノさん
新ひだか町静内

アイヌ語での呼び方:ケムトゥイェキナ
・「血止め草」という名のきれいな草で、家の水汲み場のまわりに生えています。普段から干しておきました。1年経って新しい草が出ると、古いものは外の祭壇に持って行って神の国に送り、また新しいものをとりました。子供の頃おもちゃにしようとすると「薬だから粗末にしてはいけない」と言われました。手がしびれて固くなる病気(リュウマチか)の人が飲んだのかどうしたか知りませんが、これで治ったと言っていました。34123
(編注:和名は不明でしたが、最近になって織田さんのご遺族が「この草だ」と示してくださったのはクジャクシダでした)

詳しく見る

本文ここまで

ここからフッターメニュー