ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

自然図鑑 検索結果

日本語名:ザゼンソウ、ヒメザゼンソウ

アイヌ語名:シケレペキナ

利用:食用、祈り

ヒメザゼンソウ

ヒメザゼンソウ

学名Symplocarpus nipponicus Makino
科名サトイモ科
種類
種IDP0367

 ザゼンソウで立項していますが、日高地方ではヒメザゼンソウという別種であることが確認されています。以下ヒメザゼンソウについて説明します。サトイモ科の多年草で、初夏にアズキ色の仏炎苞に包まれた花が咲きます。
 アイヌ文化では葉を食用にしますが、シュウ酸カルシウムなどを含む毒草なので、生のままやゆでただけで食べることは危険です。伝統的な食べ方は、ゆでてから干して保存したものをもどして食べます。この加工を経ることで毒の成分が抜け、甘くておいしい山菜になるのです。
 オオハナウドとともに「神の野草」といわれ、儀式のときに供物として神に捧げるという地域があります。

アイヌ語辞典

植物編:植367(1)
アイヌ語名:シケルペ・キナ sikerpekina
語義:[→注1]
地域・文献:⦅北海道各地⦆
区分:

詳しく見る

アイヌの伝承

織田ステノさん

織田ステノさん
新ひだか町静内

アイヌ語での呼び方:シケレペキナ
・葉をゆでてから干して保存しておきました。「神の山菜」といわれ、人間が儀式をするために天から降ろされた野草だといいます。伝染病の神をよそへ送る儀式のときなどに、供物のひとつとして神に捧げました。34124(34138,34178,34181,34182)
・食べるときは水でもどし、干したキハダの実を刻み、その汁に油や塩を入れ、そこへ刻んだヒメザゼンソウを入れて弱火で煮て味がしみてから食べました。34181
・飼いグマに食べさせました。34181
(注:織田氏のいう「シケレペキナ」はヒメザゼンソウに同定されます。

詳しく見る

物語や歌など

葛野辰次郎さん

葛野辰次郎さん
新ひだか町静内

一号チセ守護神の送り1食物による拝礼

詳しく見る

本文ここまで

ここからフッターメニュー