ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

自然図鑑 検索結果

日本語名:クロユリ 黒百合

アイヌ語名:アンラコロ

利用:食用、生活用具

クロユリ

クロユリ

学名Fritillaria camtchatcensis  Ker-Gawl.
科名ユリ科
種類
種IDP0342

 山地や林内の湿った場所に生えるユリ科の多年草です。初夏に紫色の花が咲きます。
 アイヌ文化では、根をゆでて油をつけたりご飯に炊き込んだりして食べたという地域があります。樺太では、茎をクロユリの根と一緒に食用土(※)を溶かした水で煮て、油で調味をして食べたといいます。根は干して保存することもあり、また葉の汁を入れ墨の染料にしたともいいます。※珪藻土のことで、植物の化石なのでミネラル分を含んで栄養価が高いといわれます。

アイヌ語辞典

植物編:植342(1)
アイヌ語名:アンラコル anrakor
語義:[an(黒い)ra(葉)kor(もつ)]
地域・文献:幌別穂別名寄美幌⦆⦅A沙流鵡川空知千歳⦆⦅D屈斜路
区分:鱗茎

詳しく見る

本文ここまで

ここからフッターメニュー