ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

自然図鑑 検索結果

日本語名:ギョウジャニンニク

アイヌ語名:プクサ、キト

利用:食用、薬用、祈り

ギョウジャニンニク

ギョウジャニンニク

学名Allium victorialis L. subsp. platyphyllum Hulten
科名ヒガンバナ科
種類
種IDP0336

 全体から独特のニンニク臭がするユリ科の多年草です。別名「アイヌねぎ」ともいわれます。
 アイヌ文化では代表的な山菜のひとつです。茎や葉をご飯やおかゆ、煮物に入れるなどして食べます。また干して保存もします。食べると体が暖まるので、風邪薬として茎や葉をお湯で煮たものを飲んだり、また煮立てた湯気を浴びたりもしました。
 またこの独特なにおいに魔をはらう力があるとされ、伝染病が流行したときには戸口のわきに刺したりもしたという地域があります。

ギョウジャニンニク(5/10)

ギョウジャニンニク(5/10)

アイヌ語辞典

植物編:植336(1)
アイヌ語名:プクサ pukusa
地域・文献:長万部虻田有珠室蘭幌別白老穂別鵡川沙流
区分:茎葉

詳しく見る

アイヌの伝承

織田ステノさん

織田ステノさん
新ひだか町静内

アイヌ語での呼び方:プクサ
・葉を刻んで、茎は蒸してから刻んで干して保存しておき、汁物に入れて食べました。豆と一緒に煮るとギョウジャニンニクは溶けてしまいますが、香りが広がっておいしいものです。34178,34182
・風邪で熱が高いときは葉を鍋で煮て、湯気を吸い込むと治りました。また舌が割れて痛いときも湯気を吸い込みました。34124,34178

詳しく見る

本文ここまで

ここからフッターメニュー