ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

自然図鑑 検索結果

日本語名:ウラジロタデ ウラジロイタドリ

アイヌ語名:クッタラアマム

利用:食用

ウラジロタデ(樽前山)

ウラジロタデ(樽前山)

学名Polygonum weyrochii Fr. Schm.
科名タデ科
種類
種IDP0284

 低地の湿原から高山のれき地にまで見られるタデ科の多年草で、雄株と雌株がそれぞれ群生します。オオイタドリに似ていますが、葉の裏に細かい毛が密生しているので白く見えるのが和名の由来です。
 アイヌ文化では、若い茎の皮をむいて生で食べたといいます。また秋につくこの実を、穀物のように炊いて食べたといいます。樺太では茎を生食した他、茎をクロユリの根と一緒に食用土(※)を溶かした水で煮て、油で調味して食べたといいます。※珪藻土のことで、植物の化石なのでミネラル分を含んで栄養価が高いといわれます。

ウラジロタデの雄花と雌花(7/22)

ウラジロタデの雄花と雌花(7/22)

ウラジロタデ

ウラジロタデ

アイヌ語辞典

植物編:植284(1)
アイヌ語名:クッタラマム kuttaramam
語義:[中空円棒状茎に生ずる穀物]
地域・文献:幌別
区分:果実

詳しく見る

本文ここまで

ここからフッターメニュー