ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

自然図鑑 検索結果

日本語名:トリカブト、エゾトリカブト、オクトリカブト

アイヌ語名:スルク

利用:生活用具

トリカブト

トリカブト

学名Aconitum yesoense Nakai、    A.  japonicum Thunb. 
科名キンポウゲ科
種類
種IDP0249

 山地や林内に生えるキンポウゲ科の疑似一年草です。全草にアルカロイド系の毒があり、人が山菜と間違って食べた場合には徐々に体が麻痺し、やがて心臓が止まって死んでしまうという恐ろしい猛毒植物なので取り扱いには注意が必要です。夏から初秋にかけて紫色の花を咲かせます。
 アイヌ文化ではこの毒を利用し、根をつぶして矢の先に塗り、クマやシカなどの獲物を獲るときに使いました。毒の調合は地方によって違いますが、毒グモなど有毒の生き物や毒草を混ぜ、より強い効き目が現れるようにしたそうです。トリカブトには色々な種類がありますが「犬のトリカブト」という名のものは毒性が弱く使われなかったといいます。

トリカブト(6/10)

トリカブト(6/10)

アイヌ語辞典

植物編:植249(1)
アイヌ語名:スルク surku
地域・文献:⦅北海道⦆
区分:

詳しく見る

アイヌの伝承

織田ステノさん

織田ステノさん
新ひだか町静内

アイヌ語での呼び方:スルクメノコ
・昔、おじいさんたちは矢毒に使った根を祭壇で神の国に送り返すようにしましたが、そこに置いた根から育って花が咲いていて、「花を触るな」と言われました。34183
→口承文芸資料(「トリカブトとクマ神」あらすじ部分)34183

詳しく見る

本文ここまで

ここからフッターメニュー