ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

自然図鑑 検索結果

日本語名:ナナカマド

アイヌ語名:キキンニ

利用:薬用、生活用具、祈り

ナナカマド

ナナカマド

学名Sorbus commixta Hedl.
科名バラ科
種類
種IDP0223

 山地や林内に生えるバラ科の高木です。
 エゾノウワミズザクラと同じアイヌ語名がついているので、聞き取りデータではどちらの木のことを言っているのかわからないことが多いのですが、ナナカマドの実は赤、エゾノウワミズザクラの実は黒いので、それを手がかりに同定できる場合があります。
 アイヌ文化では、これらの木の独特のにおいに病気の神などを遠ざける力があると考えられていました。木幣を作ったり、器具材として使うなど色々な用法が採録されています。
 当館の口承文芸データでは、ナナカマドの林の中で育った男が伝染病の流行から人を守ったという昔話があります。

アイヌ語辞典

植物編:植223(1)
アイヌ語名:キキンニ kikinni
語義:[kiki(魔神を追っ払うもの、=棒幣)ne(になる)ni(木)]
地域・文献:美幌
区分:

詳しく見る

アイヌの伝承

織田ステノさん

織田ステノさん
新ひだか町静内

アイヌ語での呼び方:キキンニ
・風邪をひいたときにお茶にして飲んだり、おかゆに入れたりします。34132,34178
・枝を窓や戸口に刺します。水桶にも入れます。34178
→口承文芸資料「ナナカマドの林の中で育った男」34102(あらすじ)

詳しく見る

物語や歌など


流行病と六つの幣
 私は裕福な長者で、立派な婦人と連れ添っていた。あるとき、よその村に流行病がはやって人々が死ぬという噂を聞いた。

 私は神に頼むとよいと考え、ある日キキンニをたくさん切って背負い、浜へ下った。浜に出て六列の幣をつくり、村に流行病がはやらないようにと神々に頼んだ。それから村に戻って村人に事情を話し、家にもキキンニをおくようにと言い聞かせた。

 そして、幸いにも私の村には流行病がはやらなかった。キキンニの神のおかげで助かったのだから、キキンニの神を決して忘れるなと村人たちや子供たちに言い聞かせて年老いた。

詳しく見る

本文ここまで

ここからフッターメニュー