ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

自然図鑑 検索結果

日本語名:エゾヤマザクラ、オオヤマザクラ

アイヌ語名:カリンパニ

利用:薬用、生活用具、祈り

エゾヤマザクラ

エゾヤマザクラ

学名Cerasus sargentii (Rehder) H.Ohba,1992
科名バラ科
種類
種IDP0205

 山地や林内に生えるバラ科の高木です。桜の仲間は他にもチシマザクラ、ミヤマザクラなどがあり、アイヌ語で桜という場合にどの種を指しているかはわかりませんが、最も一般的な桜はこの種です。
 アイヌ文化ではこの木の皮を利用して小刀のさや、タバコ入れなどを作ります。また木製の部品をつなぎあわせるのに利用します。部品をはぎ合わせるベルトとして固くしまり、丈夫な製品ができます。
 器具材としては臼や炉縁木など、また木幣の台を作ったという地域もあります。

アイヌ語辞典

植物編:植205(1)
アイヌ語名:カリンパ karimpa
地域・文献:胆振、日高沙流
区分:桜皮

詳しく見る

アイヌの伝承

織田ステノさん

織田ステノさん
新ひだか町静内

アイヌ語での呼び方:カリンパ
・おじいさんたちが、樹皮をとって来て重りを乗せ、平に伸ばしていたのを覚えています。何かの細工に使うためだったのでしょうが、細工をしているところは子供だったせいか見た覚えがありません。34102

詳しく見る

本文ここまで

ここからフッターメニュー