ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

自然図鑑 検索結果

日本語名:ケヤマウコギ

アイヌ語名:ホロカアユシニ

利用:薬用、生活用具、染色

ケヤマウコギ(6/10)

ケヤマウコギ(6/10)

学名Eleutherococcus divaricatus
科名ウコギ科
種類
種IDP0120

 山地や原野に生える低木で、幹にとげが生えています。秋に小さい黒い実が丸くまとまってつきます。
 アイヌ文化では、この実をオヒョウなどの樹皮で作った糸を黒く染める染料にします。薬として茎や実を煮た汁を飲んだという地域もあります。アイヌ語名は「逆さにとげが生えている木」といいます。幹のとげが下向きについているのでそう呼ばれるのでしょう。

ケヤマウコギの葉(6/10)

ケヤマウコギの葉(6/10)

ケヤマウコギのとげ(6/10)

ケヤマウコギのとげ(6/10)

アイヌ語辞典

植物編:植120(1)
アイヌ語名:エネンケニ enenkeni
語義:[en-en-ke(とげ・とげ・した)ni(木)]
地域・文献:⦅C、勇払郡⦆
区分:

詳しく見る

アイヌの伝承

織田ステノさん

織田ステノさん
新ひだか町静内

アイヌ語での呼び方:ホロカアユシニ
・手豆を植えるときの添え木には使いますが、その他何かに使うというのは知りません。34101

詳しく見る

本文ここまで

ここからフッターメニュー