ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

自然図鑑 検索結果

日本語名:フキ

アイヌ語名:コロコニ

利用:食用、薬用、生活用具、住

アキタブキ

アキタブキ

学名Petasites japonicus  Maxim.
科名キク科
種類
種IDP0026

 条件によっては人の背丈以上に生育するキク科の多年草です。和人文化ではフキノトウや茎を煮て食べるのが一般的です。
 アイヌ文化でも、フキノトウや成長した茎を、生または焼く、煮るなどの調理をして食べます。茎を湯通ししてから干して保存食にもします。
 またはしかなどの薬として根の煮汁を飲みます。水の代わりに飲ませているとできものがいっぺんに出て治るのが早いといいます。また産後の母親に飲ませ、生まれたばかりの赤ちゃんに布に染み込ませて吸わせると、お腹の中にある悪いものが出るのだそうです。
 山仕事のときは葉でひしゃくを作ったり、鍋にして煮炊きをしたり、狩小屋の屋根をふいたり、とても便利に使えるものです。

アキタブキ(7/5)

アキタブキ(7/5)

フキノトウ(雌花 5/10)

フキノトウ(雌花 5/10)

アイヌ語辞典

植物編:植026(1)
アイヌ語名:コル kor
地域・文献:⦅各地⦆
区分:

詳しく見る

アイヌの伝承

織田ステノさん

織田ステノさん
新ひだか町静内

アイヌ語での呼び方:マカヨ(フキノトウ)/コロコニ(フキ)
日本語の呼び方:フキノトウ/フキ
・フキノトウを食べたことはあります。火であぶって皮をむき、汁の中に入れて食べると、口の中で柔らかくなって甘みがあっておいしいものです。34132
・成長した茎を、生のまま皮をむいてむしゃむしゃ食べました。口は真っ黒に、舌も渋くなりました。34138
・お産の後にフキの根をお湯で煮た汁を飲みます。生まれた赤ん坊にも、赤い布を乳首みたいにして煮汁を染み込ませて吸わせました。そうすれば胎便が出るのです。34122,34182

詳しく見る

本文ここまで

ここからフッターメニュー