ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

自然図鑑 検索結果

日本語名:シロヨモギ

アイヌ語名:レタンノヤ

利用:食用

シロヨモギ

シロヨモギ

学名Artemisia stelleriana
科名キク科
種類
種IDP0008

 キク科の多年草で、海岸に生えます。地面をはうように葉が伸び群生します。葉や茎に綿毛が生えているので白く見えます。
 アイヌ文化では、この葉でよもぎもちを作るという地域があります。エゾヨモギで作ったものよりこしがあっておいしいのだそうです。

シロヨモギ

シロヨモギ

アイヌ語辞典

植物編:植008(1)
アイヌ語名:レタンノヤ retannoya
語義:[retar(白い)noya(もみ草)]
地域・文献:幌別穂別⦆⦅A鵡川
区分:

詳しく見る

アイヌの伝承

織田ステノさん

織田ステノさん
新ひだか町静内

アイヌ語での呼び方:レタンノヤ
・[あんこもちにすると]足が強い、ねばりが強いものです。浜の方に住む親戚にとって来てもらって干したものを、もち米やイナキビなどと混ぜてもちにし、何度も食べたことがあります。歯がいいときには、その固さが好きでした。年を取り歯が悪くなってからは食べていません。34132,34137

詳しく見る

本文ここまで

ここからフッターメニュー