ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

自然図鑑 検索結果

日本語名:オオウバユリ、エゾウバユリ

アイヌ語名:トウレプ

利用:食用、薬用

オオウバユリ

オオウバユリ

学名Cardiocrinum cordatum  Makino var. glehnii  Hara
科名ユリ科
種類
種IDP0338

 ユリ科の多年草で、7年ほどかけて花を1度だけ咲かせます。
 アイヌ文化では、代表的な保存食として知られています。根からでんぷんをとりますが、この方法は地域によって違いがあります。代表的なやり方としては、6〜7月頃、花のつかない若い株の球根を掘り、この球根を臼でついてつぶしてから水をかけてこし、一番粉、二番粉のでんぷんをとります。このでんぷんは、食べる以外にもお腹をこわしたときなどの薬になります。そしてでんぷんをとった後の繊維を発酵させると茶色くなります。これをドーナツ状にしたものを干して保存します。食べるときはこれを刻んで水につけ、こして臼でついてからお団子を作り、それを汁物やおかゆに入れて食べます。昔は食べ物が少なくなる冬の間の重要な食料でした。
 口承文芸には、オオウバユリが人間の姿になり、食糧になることを人間に伝えて回ったという昔話があります。

オオウバユリの芽吹き(5/10)

オオウバユリの芽吹き(5/10)

オオウバユリ(7/5)

オオウバユリ(7/5)

オオウバユリの花

オオウバユリの花

オオウバユリ(5/24)

オオウバユリ(5/24)

アイヌ語辞典

植物編:植338(1)
アイヌ語名:トゥレプ turep
語義:[<ru(とける)-re(させる)-p(もの)、→注1]
地域・文献:⦅北海道全地⦆
区分:鱗茎

詳しく見る

アイヌの伝承

織田ステノさん

織田ステノさん
新ひだか町静内

アイヌ語での呼び方:トゥレプ
・茎の根元に赤みがさしてきたら、根が熟して掘り頃です。34109
・一番粉、二番粉をとった後の繊維を発酵させた団子は、20センチくらいのドーナツ状にして干して固くなったものを干し、火棚の先に下げておきました。食べる分だけおろして刻み、水でもどしてから臼でつき、繊維が気にならなくなったものを指先で丸めて団子にし、おかゆに入れて食べました。34182
・でんぷんをとってから干すという方法以外に、根をそのまま刻んで干して保存しておくという方法もありました。しっかり干しても容器に入れると湿ってしまうので、火棚の上にあげて保管しておき、食べる分だけおろして来て臼でつき、繊維かすを何度も飛ばしてでんぷんを取り出して食べました。34159
・お腹が痛いとき、お椀に水と一番粉をひと固まり入れて飲ませました。また赤ちゃんのわきや首が赤くなったらぬってあげました。34159
・炉の近くで「明日オオウバユリを掘りに行く」と言うと、オオウバユリが逃げて行ってしまうので言わないようにしました。またでんぷんをとるために臼でつく作業に月経中の女性は参加できませんでした。34109,34159

詳しく見る

物語や歌など


オオウバユリを取り返しに来た木原のおばば
 ある人が、オオウバユリ掘りをして家に帰り、背中をいろりの火であぶっていました。すると誰かが家の外で歩くような音がしました。毛皮でも着た人が歩くような音でした。もう夜なのに誰だろうと思っていると、2度も3度も家の外に来て何かをぼそぼそと言っています。木原のおばばが自分の持ち物だと主張していたオオウバユリを取り返しに来たのかと思い、ぱっと起き上がって着物をはおり、いろりから火の燃えさしを持って外に出てこう言いました。「人間は凡庸なので、誰のものかわからずにオオウバユリを持ち帰り、おまえはそれを取り返しに来た。でも火の神様が見守っているのだから、神の言葉を聞いて帰りなさい。これからはおまえのものであるオオウバユリをとることはしないよ」と言いながら燃えさしを撒いたところ、それからその妖怪は来ることはありませんでした。印のあるオオウバユリの群生地ではとるものではないと、その人が言いました。

詳しく見る

本文ここまで

ここからフッターメニュー