ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

自然図鑑 検索結果

日本語名:マルバノバッコヤナギ(エゾノバッコヤナギ)

アイヌ語名:シウスス

利用:生活用具、祈り

バッコヤナギ

バッコヤナギ

学名Salix hultenii  Floderus var. angustifolia Kimura
科名ヤナギ科
種類
種IDP0320

 バッコヤナギとエゾノバッコヤナギがあります。両種とも高木ですが、巨木までには生育しません。
 アイヌ文化では、種類の多いヤナギの仲間の中で、バッコヤナギは特に「山のヤナギ」といわれます。これで木幣を作るという地域があります。また内皮で糸を作り縄や靴を作ります。

アイヌ語辞典

植物編:植320(1)
アイヌ語名:チプニ・スス cipnisusu
語義:[cip-ni(舟・木)susu(ヤナギ)“舟材になったヤナギ”]
地域・文献:名寄
区分:

詳しく見る

アイヌの伝承

織田ステノさん

織田ステノさん
新ひだか町静内

アイヌ語での呼び方:プシニ チャロルイニ トゥシチコロ
日本語の呼び方:バッコヤナギ
・まきして火にくべると、パカパカはねてござに穴があくので「おしゃべりな木」といいます。34103
・木幣にすると削りやすいといいます。34131

詳しく見る

本文ここまで

ここからフッターメニュー