ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

自然図鑑 検索結果

日本語名:オヒョウ オヒョウニレ

アイヌ語名:アッニ

利用:薬用、衣

オヒョウの葉

オヒョウの葉

学名Ulmus laciniata  Mayr
科名ニレ科
種類
種IDP0297

 おもに山地、まれに平地でもみられるニレ科の高木です。
 アイヌ文化には、いくつかの樹木の内皮から糸を作り着物を織るという伝統があり、この木はその代表といえます。この木の内皮から糸を作り織物を作る伝統があり、「アットゥシ」という織物の名前は、この木のアイヌ語名が由来となったものです。初夏の頃に樹皮をはぎ、数日間水につけてから内皮を細く裂いて糸にします。ゴザの模様入れに少しだけ使う場合は、はいだものをそのまま使うこともありました。またこうして織られた着物は和人文化にも移入され、「アツシ織」と呼ばれました。
 またこの木の樹皮を薬として怪我に塗ったという地域もあります。

オヒョウニレ(6/10)

オヒョウニレ(6/10)

オヒョウニレの葉(6/10)

オヒョウニレの葉(6/10)

アイヌ語辞典

植物編:植297(1)
アイヌ語名:アッ at
地域・文献:⦅全北海道⦆
区分:樹皮、及びその内皮から取った繊維

詳しく見る

アイヌの伝承

日本語の呼び方:オヒョウ
・ござ編みをする人が、オヒョウの糸は切れやすいといいます。35267

詳しく見る

本文ここまで

ここからフッターメニュー