ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

自然図鑑 検索結果

日本語名:オオバイラクサ エゾイラクサ

アイヌ語名:モセ

利用:食用、生活用具、衣

イラクサ

イラクサ

学名Urtica platyphylla Wedd.
科名イラクサ科
種類
種IDP0294

 山地や林内のやや湿ったところで見られるイラクサ科の多年草で、おもに若葉のころ茎や葉の毛に触れると痛がゆさやしびれを感じます。
 アイヌ文化では、若芽のうちに葉をとって食べます。また、成長した茎からは糸を作ります。弓の弦や下紐などを作ったという地域があります。樺太ではこの糸を用いて白い着物を織り上げました。

イラクサ(5/10)

イラクサ(5/10)

アイヌ語辞典

植物編:植294(1)
アイヌ語名:イピシシプ ipisisip
語義:[i(我々を)pisisi(痛がゆくする)p(もの)]
地域・文献:幌別⦆⦅A有珠
区分:青い茎葉

詳しく見る

アイヌの伝承

アイヌ語での呼び方:ハイキナ
・春先に葉をとり、汁物の具にしました。35267
・秋に茎をとり、糸にして、太刀を肩からさげるための帯を作りました。35267

詳しく見る

本文ここまで

ここからフッターメニュー