ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

自然図鑑 検索結果

日本語名:イタヤ イタヤカエデ

アイヌ語名:トペニ、トペンニ

利用:食用、生活用具、祈り

イタヤカエデの葉

イタヤカエデの葉

学名Acer pictum Thunb. subsp. mono (Maxim.) H. Ohashi、1993
科名カエデ科
種類
種IDP0146

 山地や林内に生えるカエデ科の高木です。北米原産のサトウカエデの樹液から作るメープルシロップが有名ですが、アイヌ文化でも同じカエデ科であるイタヤカエデの樹液が甘いことはよく知られており、樹液を飲み、または煮詰めて飴にし、冬にはアイスキャンディを作ります。
 アイヌ文化では赤ちゃんが生まれても母乳が出ないときは、この木に木幣を捧げて祈ったといいます。また木の皮をお湯で煮て産婦に飲ませたといいます。
 木材としても質が良く、炉かぎ、斧などの柄を作ります。細かい彫刻をすることにも適しています。

イタヤカエデの花(5/24)

イタヤカエデの花(5/24)

イタヤカエデの葉(7/5)

イタヤカエデの葉(7/5)

イタヤカエデ製の小刀の鞘

イタヤカエデ製の小刀の鞘

アイヌ語辞典

植物編:植146(1)
アイヌ語名:トペニ topeni
語義:[tope 乳汁(<to乳房、pe水)、ni木]
地域・文献:⦅北海道各地⦆
区分:

詳しく見る

アイヌの伝承

織田ステノさん

織田ステノさん
新ひだか町静内

アイヌ語での呼び方:トペンニ
・冬に木に傷をつけ、そこから出て来る樹液を凍らせてアイスキャンディを作りました。かき氷よりもおいしかったように思います。34102(34109)
・お腹に子供がいるとき、お湯で煮たものをお茶がわりに飲んでいると、赤ちゃんにあざなどができないといいます。34107
・見た目が白いイタヤカエデは質が良く、まきにしたり、木材として炉かぎやおたま、さじなどを作りました。34102

詳しく見る

本文ここまで

ここからフッターメニュー