ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

自然図鑑 検索結果

日本語名:エゾハッカ(ヒメハッカ)

アイヌ語名:カムイケウキナ

利用:薬用

ハッカ

ハッカ

学名Mentha japonica
科名シソ科
種類
種IDP0067

 シソ科の多年草で、独特なハッカの清涼感のある香りがします。大きいものは1mくらいになり、夏には葉の基部に紫色の小さな花がまとまってつきます。
 アイヌ文化では、樺太でこの葉を干して胃の薬にしたといいます。

アイヌ語辞典

植物編:植067(1)
アイヌ語名:カムイケウキナ kamuykewkina
語義:[kamuy(魔)kewe(追う)kina(草)]
地域・文献:名寄
区分:茎葉

詳しく見る

本文ここまで

ここからフッターメニュー